現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月2日(月)、モンゴル旅行業協会、日本委員会のミシグドル・ドルジハンド会長がJATA中村理事長を訪問

2013年4月15日

4月2日(月)、モンゴル旅行業協会、日本委員会のミシグドル・ドルジハンド会長がJATA中村理事長を訪問されました。「モンゴル旅行業協会、日本委員会は日本人観光客の需要拡大に取り組んでおり、今年2つの大きい催しを計画しています。横綱の白鳳を観光大使にして、さまざまなイベントに登場してもらう予定です。これに加えて、モンゴルで開催されるお祭りについて積極的に日本の旅行会社へアプローチしアピールしていきたいです。また、『冬のモンゴル』というツアー商品を開発したいのですが、どうやって日本市場で促進すればいいのかについて、ご意見をいただきたい」と話されました。

「旅行会社を対象に、具体的な情報を発信していただければ、ツアーが作りやすいです。『冬のモンゴル』の促進ですが、覚えやすいイメージを打ち出し、冬にFAMツアーの実施や最新情報を提供いただければプラスの効果に繋がるでしょう」と中村理事長。


  • ミシグドル・ドルジハンド会長(左)

  • 左から中村理事長、長谷川事務局長

Ms. Mishigdorgj Dorjkhand, Chairperson of the Japan Committee at the Mongolian Tourism Association visited Mr. Nakamura, President of JATA on April 2nd, Monday

During the meeting with Mr. Nakamura, Ms. Mishigdorgj Dorjkhand introduced two major projects on which MTA is working at present. “The Japan Committee with the support of the Mongolian authorities is currently considering designating the yokozuna Hakuho as a “travel ambassador” and having him participate in various events. Additionally, we will promote summer festivals to the Japanese travel industry. We are also willing to advertize “Winter in Mongolia” tours and would like to have your advice on how to effectively conduct the advertising.”

“Detailed information facilitates tour design so you should provide as much up-to-date data as possible. Regarding the “Winter in Mongolia” tours, creating an easy-to-remember image and using it in your advertizing, FAM tours and regular delivery of the latest travel information will bring positive results,” said Mr. Nakamura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る