現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月8日(月)、メキシコ観光大臣クラウディア・ルイス・マシエウ閣下がJATA本部を訪問

2013年4月22日

4月8日(月)、メキシコ観光大臣クラウディア・ルイス・マシエウ閣下がJATA本部を訪問し、メキシコ政府の新しい観光開発方針について話されました。「観光地としての多様化を図って、新しい観光素材や観光地を紹介していく予定です。メキシコはJATAデスティネーション・スペシャリストに参加したいので、ご協力いただければ幸いです」

長谷川局長は、「メキシコ政府観光局の甚大なサポートいただき、感謝しています。ここ数年、メキシコへの観光客が増えていますが、新たな世界遺産や観光地を紹介していけば、メキシコへの関心が更に高まると思います。直行便を増加させれば、渡航者数の需要拡大が図れるでしょう。それに加えて、旅行業界とのコミュニケーション・チャンネルを維持し、新しい観光素材、地域、ツアーなどの情報を定期的に発信していけば、日本人の渡航者数が10万人まで増えるでしょう」


  • クラウディア・ルイス・マシエウ観光大臣(中央)

  • 左から重田海外旅行推進部長、長谷川事務局長、米谷参与

Ms. Claudia Ruiz Massieu, Secretary for Tourism of Mexico, visited JATA on April 8th, Monday

During her visit, Ms. Claudia Ruiz Massieu met with Mr. Hasegawa, director of the Board and Secretary General of JATA. She introduced the tourism development directives of the new president of Mexico. “Our strategy will be to diversify the tourism product of Mexico and offer new travel resources and destinations to the Japanese travel industry. The Mexico Tourism Board is also willing to participate in JATA’s Destination Specialist program and we hope for your full support in this regard, too.”

“We are very grateful for the support we have received from your tourism board so far,” said Mr. Hasegawa. “The tourism from Japan to Mexico has been growing in recent years, yet, we believe that the interest of the customers here will grow even further thanks to the introduction of new world heritage sites. If the number of direct flights is increased, we can safely say that tourists will increase, too. Also, if you keep the communication channels with the travel industry open and supply detailed information about the new resources and destinations, we can expect to have up to 100,000 Japanese tourists to Mexico soon.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る