現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月23日(火)、ビジット・シアトル(シアトル・ワシントン州観光局)の代表取締役&CEOトム・ノーウォーク氏がJATA中村理事長を訪問

2013年5月20日

4月23日(火)、ビジット・シアトル(シアトル・ワシントン州観光局)の代表取締役&CEOトム・ノーウォーク氏がJATA中村理事長を訪問し、シアトル・ワシントン州の観光素材を紹介されました。
「ワシントン州はワイン、料理、地元ビールツアーなどで人気が高まってきています。シアトルは日本では野球で知られていますが、ワインに加えて、ワシントン州の農作物も日本へ輸出されています。オーロラクルーズの多くはシアトル発着で就航しています。今年、航空座席供給は約8%で多くなるので、日本からの観光拡大を期待しています」

中村理事長は、「ワシントン州の観光素材は日本ではよく知られていないので、今後ブランドづくりに勤めていけば、認知度が上がり、観光客も増えるでしょう。また、シニア層に向けたPR活動も観光拡大に良い影響を与えるでしょう」と応えました。


  • トム・ノーウォーク氏(左)

  • 右から長谷川事務局長、中村理事長

Mr. Tom Norwalk, President & CEO of Visit Seattle, met with Mr. Nakamura, President of JATA, on April 23rd, Tuesday

During the meeting, Mr. Norwalk introduced the travel resources of the State of Washington and said that with an expected 8% increase in air seat supply between Japan and Seattle, they expect even more visitors from Japan. “Wine, food and micro beer tours to the State of Washington are becoming more and more popular. Agricultural produce from the state is exported to Japan, too. As for Seattle, it is well known to the Japanese public because of baseball. However, Seattle has become a base point for Aurora cruises to Alaska and Canada.”

Mr. Nakamura said that the State of Washington and the City of Seattle should “implement a branding strategy to help the Japanese travel agencies and the general public get to know more about the great variety of tourism resources they have. In addition, promotional activities targeting the senior market in Japan are likely to bring positive results.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る