現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月16日(木)、ONE BSRのピフラ・ヴァーナネン氏とマテウシュ・チェルウィンスキ氏がJATA本部を訪問

2013年5月27日

5月16日(木)、ONE BSRのメンバーであるヘルシンキ市観光局のピフラ・ヴァーナネン氏とワルシャワ市観光局のマテウス・ツエルウィンスキ氏がJATA本部を訪問し、中村理事長と会談しました。
「ONE BSRは、日本マーケットにバルト海沿岸地域を観光デスティネーションとしてプロモーションするEUのプロジェクトです。先行して2011年に行われたプロジェクトBaltMetの成功を基に、EUの資金提供によってONE BSR プロジェクトは、設立されました。日本の旅行業界を主なターゲットに、バルト海地域が観光地の一つとして確立されることを目標に作られました。プロジェクトのリード・パートナーとなるリガ・ワルシャワ・ヘルシンキの3都市が中心になり、『暮らすように旅する』 をコンセプトに、観光客自身が地元の人のようなライフスタイルや体験ができる、新しいコンセプトの商品を開発、プロモーションしていきます」

中村理事長は「バルト海沿岸地域の認知度を高めるのが一つのチャレンジだと思いますが、日本市場で新しいツアーコンセプトを紹介するなら、旅行会社との関係を強化し、旅行会社を対象に、研修旅行やセミナーを行っていただきたい。JATAは、協力することができるので、お声かけいただければ幸いです」と言われました。


  • 中村理事長

  • 右からピフラ・ヴァーナネン氏、マテウス・ツエルウィンスキ氏

ONE BSR members, Ms. Pihla Vaananen, Development Manager, Helsinki City Tourist & Convention Bureau and Mr. Mateusz Czerwi?ski, Warsaw Convention Bureau, visited the Main Office of JATA on May 16th, Thursday

During their visit, the representatives of the Baltic region talked about promotion of the three cities in Japan under the One Baltic Sea Region Project. ‘After the success of the BaltMet project which was conducted in 2011, the European Union allocated funds for the One Baltic Sea Region Project. The three leading partners of the project, the cities of Helsinki, Warsaw and Riga have come together to promote the theme “Live like Locals.” The idea is to design, offer and promote tours which will provide an opportunity to experience the everyday life of the local people while traveling in the region.’

Mr. Nakamura said that it might be a challenge to increase the awareness of the region in Japan. However, close relations with travel agencies will help promote this new concept. Familiarization tours and seminars targeting travel companies’ staff would be helpful and JATA would support such activities.


記念撮影

このページの先頭へ戻る