現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月4日(火)、ネパール・ツアー・オペレーター協会のアショク・ポカレル会長がJATA本部を訪問

2013年6月17日

6月4日(火)、ネパール・ツアー・オペレーター協会のアショク・ポカレル会長がJATA本部を訪問し、「日本人渡航者数の拡大への一つの取り組みとして、先日、東京タワーで大ネパール展を開催しました。ネパールを訪れる日本人の観光客は近年減少の傾向にあります。直行便がないため、チャーターに力を入れていきたいと思います」

それに対して菊間会長は「ネパールの観光促進はヒマラヤ山系やトレッキングを中心に行われますが、それに加えて、ネパールの文化や伝統などを促進していけば、観光地としての魅力が増えて、日本人観光客の増加が期待できます。また、日本のチャーター規則が5月16日に緩和されたので、今後ネパールへのチャーターが増えると思いますが、観光客が増加すれば、定期直行便の就航が可能になるでしょう」と言われました。


  • 長谷川事務局長

  • アショク・ポカレル会長

Mr. Ashok Pokharel, President of the Nepal Association of Tour Operators (NATO), visited the Main Office of JATA on June 4th, Tuesday

Mr. Ashok Pokharel, President of the Nepal Association of Tour Operators (NATO), met with Mr. Kikuma, Chairman of JATA and talked about the Nepal Exhibition held at the Tokyo Tower as a step to promote Nepal to the Japanese general public. “As the number of Japanese visitors to Nepal has been decreasing in recent years, we are making efforts to increase chartered flights which will help us overcome the limitations posed by the lack of regular flights between Nepal and Japan.”

“At present, the promotion of Nepal as a travel destination is based on the Himalayan Mountains and trekking. Yet, if you promote Nepali traditions and culture, more potential tourists will be attracted and will consider visiting your country. In turn, the expansion of tourist flows may lead to the establishment of regular flights from Japan to Nepal,” said JATA Chairman Mr. Kikuma.


途中から菊間会長(左から4番目)も参加して記念撮影

このページの先頭へ戻る