現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月7日(金)、オーストラリアツーリズム(オーストラリア政府観光局)のアンドリュー ・ライリー局長が就任挨拶のため、JATA菊間会長を訪問

2013年6月17日

6月7日(金)、オーストラリアツーリズム(オーストラリア政府観光局)のアンドリュー ・ライリー局長が就任挨拶のため、JATAを訪問し、菊間会長と会談されました。「当局の今後の促進ポリシーは、いつもどおりのビジネスを続けるとともに、日本市場の特徴に配慮した3年間の促進対策を行うことと短期プロジェクトを実施していく予定です。日本の旅行業界にご協力いただければ幸いです」

菊間会長は「オーストラリア政府観光局と日本の旅行業界が密接に協力し合うことができれば、オーストラリアへの日本人渡航者数が増えるでしょう。また、航空座席供給が安定すれば、ツアー商品が作りやすくなるので、航空会社への取り組みも重要だと思います」と応えました。


  • 菊間会長

  • アンドリュー ・ライリー局長

Mr. Andrew Reilly, Regional General Manager Japan and Korea, Tourism Australia, visited Mr. Kikuma, Chairman of JATA, on June 7th, Friday

During his meeting with Mr. Kikuma, Chairman of JATA, Mr. Reilly, Regional General Manager Japan and Korea, Tourism Australia, explained his strategy for the promotion of Australia as a travel destination in Japan. “ While continuing to do business as usual, we will concentrate on 3-year promotional strategies based on the specific features of the Japanese market and also on short-term “quick win” projects which will give the message that we are here, we are aggressive and determined to work. We very much hope that the travel industry will assist us.”

“We hope that Tourism Australia will manage to work closely with the travel industry, as it will help us to increase the number of Japanese visitors to Australia. On a similar note, stable air seat supply is of utmost importance for the travel industry and we do hope that Tourism Australia will work in this direction, too,” said Mr. Kikuma.


記念撮影

このページの先頭へ戻る