現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

8月26日(月)、駐日チュニジア大使館のモハメッド・エルーミ臨時代理大使がJATAを訪問

2013年10月7日

8月26日(月)、駐日チュニジア大使館のモハメッド・エルーミ臨時代理大使がJATAを訪問されました。
「安全性が懸念されがちですが、現在セキュリティー対策は良く、チュニジア政府は日本人観光客の誘致に力を入れています。現在1万人の日本人観光客を将来的に10万人へ拡大していくのが目標であり、JATAより目標達成に向けてお知恵を拝借したい」

「JATAとして旅行会社側からのサポートに加え、大使館よりメディアを通して安全性や観光地のすばらしさをアピールすることが、観光客増加につながるでしょう。チュニス湾等美しいビーチリゾートがあり、貴重な世界遺産を巡ることの出来る国であることも発信し、ネガティブな印象は払拭していけるよう取り組むことが重要です」と菊間会長。


  • 右から中村理事長、菊間会長、越智事務局長

  • モハメッド エルーミ臨時代理大使

Mr. Mohamed Elloumi, Charge d’Affaires a.i., Embassy of Tunisia in Tokyo, visited Mr. Kikuma, Chairman of JATA, on August 26th, Monday.

During his visit, Mr. Elloumi talked about the tourism resources and the safety of Tunisia. “Although the safety in Tunisia always tends to be a concern, the security situation now is good and we are making effort to increase the number of Japanese tourists to Tunisia. Since we aim to increase the number from the current 10,000 visitors to 100,000 in the future, we would like to have your advice.”

“In addition to our support as travel agencies, it is very important that your embassy appeal the safety and promote the attractions of wonderful tourist places through the media. To take the negative images away, publicity is the key to let people know the great parts of your country such as beautiful beach resorts like Tunis and valuable world heritage sites.” Mr. Kikuma replied.


記念撮影

このページの先頭へ戻る