現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月5日(木)、ロサンゼルス観光局会長兼 CEOアーネスト・ウドゥン・Jr.氏がJATA菊間会長を訪問

2013年10月7日

9月5日(木)、ロサンゼルス観光局会長 兼 CEOのアーネスト・ウドゥン・Jr.氏がJATA菊間会長を訪問されました。
「日本人観光客へのアプローチは非常に重要と考えています。観光に加えショッピングもツアーの醍醐味ですが、日本の市場、観光客が求めるニーズは日々変わっている印象を受けます。今は特に若い女性層に向けソーシャルネットワーク等を活用したプロモーションなどが効果的だと思われますか。傾向についてご意見をいただきたい」とウドゥン氏はお話しになりました。

菊間会長は、「この1年BrandUSAのプロモーション促進のためご協力いただき感謝しています。アメリカへはFITの観光客よりSITのパッケージが多くなってきています。日本からの観光客、特に女性は今までのメジャーな観光地を廻るツアーより、最近ではアメリカでしか経験できない、ユニークな体験型パッケージツアーなどが好まれる傾向にあるようです」と応えました。


  • 左から菊間会長、中村理事長

  • アーネスト・ウドゥン・Jr.氏(右)

Mr. Ernest Wooden Jr., President and CEO, Los Angeles Tourism & Convention Board, visited Mr. Kikuma, Chairman of JATA, on September 5th, Thursday

“In order to increase the tourist flows, it is very important to approach Japanese tourists. We have an impression that the Japanese market and the needs of Japanese tourists are changing day by day. What do you think of the practical use of the social networking services especially for the young Japanese females? We would appreciate any other advice which might help to have more Japanese tourists.” Mr. Wooden asked.

Mr. Kikuma expressed his appreciation for the Brand USA promotion activities through the year and said ”Japanese visits to the United States are shifting from FIT to SIT packages. Rather than the traditional tour packages, recent trends for Japanese tourists especially female visitors, are changing to unique package tours through which they can experience things they are interested in. SIT package will be one of the keys to attract them.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る