現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月5日(木)、タイ国政府観光庁、東アジア支局長ジャムノン・ジュンナピア氏がJATA中村理事長らを訪問

2013年10月7日

タイ国政府観光庁、東アジア支局長ジャムノン・ジュンナピア氏がJATA中村理事長らを訪問し会談されました。
「昨年は140万人近い日本人旅行者がタイにお越しいただき大変嬉しく思います。今年は旅博やセミナー、FAM TRIPを活用し150万人を目指しプロモーションしていきたいと考えています。現在デスティネーションはバンコクがメインとなっていますが、来年に向けてチェンマイやプーケットも積極的にプロモーションしていきたいので、JATAにもご協力いただければと思います」

「タイ国現地自由視察体験研修旅行(FAM TRIP)も昨年より頻繁に実施し、大変良いプロモーションになっています。タイは日本人特に女性に非常に人気の高い国です。最近はクッキングやムエタイ、タイボクシングなどが組み込まれた体験ツアーが非常に人気で、体験ツアーは女性を中心にさらに人気が高まることが予想されるので、様々なデスティネーションへの体験ツアーを増やしていくと効果的だと思います」と中村理事長。


  • 左から中村理事長、越智事務局長

  • ジャムノン・ジュンナピア氏

Ms. Jamnong Junnapiya, Executive Director of East Asia Region, Tourism Authority of Thailand visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA on September 5th, Thursday

“We were very pleased to have approx 1,400,000 visitors from Japan last year. With the activities of the Tabihaku Showcase, seminars and FAM trips, we will work on the promotion plans to increase the visitors from Japan up to 1,500,000 this year. Although the main destination in Thailand now is Bangkok, we are planning to promote Chiangmai and Phuket as other attractive destinations in the future. We would very much appreciate your cooperation on these future promotions.”

“We have had more FAM trips from Japan to Thailand than last year which has proved to be a very good promotion. Thailand is a very popular destination with Japanese travelers, especially with female tourists. The experience tours of cooking and Muay Thai (Thai boxing) have become also very popular tours recently. Increasing these kinds of experience tours to various destinations in Thailand will be an effective promotion.” Mr. Nakamura replied.


記念撮影

このページの先頭へ戻る