現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2013年12月18日(水)、ウズベキスタン観光大臣/国営旅行会社ウズベクツーリズムのファルフ・リザエフ総裁らがJATA本部を訪問

2014年1月27日

2013年12月18日(水)、ウズベキスタン観光大臣/国営旅行会社ウズベクツーリズムのファルフ・リザエフ総裁らがJATA本部を訪問し、観光客増加に向け改善策などについてウズベキスタンのツアーを取り扱う日本の旅行会社を交え意見交換をされました。
「ウズベキスタンにとって日本は観光面でも重要なパートナーです。日本のサポートもあり、地方空港の建設も進んだことで東南アジアからの観光客も増えています。毎年10月にタシケントで行われる観光展示会も来年で20周年を迎えますので、日本からもぜひ旅行会社の方々に現地の展示会にご参加いただければと思います。また2014年は視察旅行などの実施により、ツアー面での改善策や新たなウズベキスタンの魅力を理解いただければ嬉しいです」

「歴史的な遺産も多く、シルクロードをはじめとし大変魅力的な観光地ですが、まだその良さが日本人にはあまりよく知られていないのは残念です。日本からウズベキスタンへの送客を増やしていけるよう、具体的な対策をふまえてJATAを通して日本の旅行会社との関係を深めてください」と中村理事長らは応えました。


  • 左から中村理事長、越智事務局長

  • ファルフ・リザエフ観光大臣(中央)

Mr. Farrukh Rizaev, Minister of Tourism of Uzbekistan/Chairman of the National Company "Uzbektourism", and other delegates visited the Main Office of JATA on December 18th, Wednesday

During the meeting with representatives of JATA, Mr. Rizaev talked about the improvement of tourism between Uzbekistan and Japan, and he had the proactive dialogue with Japanese travel agents who handle and operate tours to Uzbekistan.
“For Uzbekistan, Japan is an important partner in tourism. Recently, the number of visitors from Southeast Asia is increasing due to the operation of regional airports with the support from Japan. Tashkent International Tourism Fair, held in October every year, will mark the 20th anniversary in 2014 so that we would like to welcome Japanese travel agents to the exhibition. We hope that Japanese people will deepen the understanding of the attractions of Uzbekistan, and it will help to achieve an improvement of tour packages from Japan to Uzbekistan through the conduct of FAM Tour in 2014.”

“Despite of the attractive destination with many historical heritages such as Silk Road, the attractions of Uzbekistan are still little-known by Japanese people. In order to increase the number of visitors from Japan, we hope you will work on the practical strategy closely with the Japanese travel agencies through JATA.” Mr. Nakamura replied.


記念撮影

このページの先頭へ戻る