現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月10日(金)、オーストラリアツーリズム(オーストラリア政府観光局)のアンドリュー ・ライリー局長がJATA菊間会長を訪問

2014年2月3日

1月10日(金)、オーストラリアツーリズム(オーストラリア政府観光局)のアンドリュー ・ライリー局長がJATAを訪問し、菊間会長と会談されました。

「為替レートの変動による影響もあり、昨年(上期は特に)観光客数が前年と比べ減少しましたが、今年は安定し観光客数が増えることを期待しています。2014年度の観光客目標数を設定し、日本の旅行会社との関係を深めBtoBに力を入れ、プロモーションにも力を入れていく予定です」

それに対しJATA菊間会長は「ケアンズは若い層の観光客に、またメルボルンなどはヨーロッパの雰囲気などシニア層にも人気があり、オーストラリアは各都市によって様々な楽しみ方のできる魅力的なデスティネーションです。成田−メルボルン便も4月より就航予定となっていることで全体の供給座席数も増えて追い風となり、観光客増加につながることをJATAとしても期待しております」と応えました。


  • アンドリュー ・ライリー局長

  • 左から菊間会長、中村理事長

Mr. Andrew Rilley, Regional General Manager Japan and Korea, Tourism Australia, visited Mr. Kikuma, Chairman of JATA, on January 10th, Friday

During his meeting with Mr. Kikuma, Chairman of JATA, Mr. Rilley, Regional General Manager Japan and Korea, Tourism Australia said “With the effect of fluctuations in the exchange rate in 2013, the number of travelers to Australia had been slightly decreased in comparison of the previous year (2012), but we hope it will be stably going up this year (2014). We soon will set up the target number of travelers for 2014 and we will work on the B2B promotion closely with the Japanese Travel Agencies.”

“Australia is a destination to enjoy the various attractions in each city; Cairns is more tropical feeling and Melbourne is more European feeling which is popular for senior people. We are glad to hear that the flights from Narita to Melbourne are planned to operate in April. We really hope that it will encourage the growth in the numbers of Japanese tourists to Australia this year.” said Mr. Kikuma in reply.

このページの先頭へ戻る