現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月14日(火)、ケニア政府観光局マーケティング・ディレクター、ジャシンタ・ンズィオカ氏がJATA本部を訪問

2014年2月3日

1月14日(火)、ケニア政府観光局マーケティング・ディレクター、ジャシンタ・ンズィオカ氏がJATAを訪問し、日本の旅行市場の動向や今後のケニア政府観光局との協力関係についてJATA中村理事長らと会談されました。

「近年はアジア市場を重視しており、日本は重要なデスティネーションです。ケニアは若い新政府のリーダーシップによって、今後ますます観光にも力を入れていく予定です。47カウンティーに分かれている中で、それぞれの観光部門ごとに観光アトラクションを作り、サファリ以外の分野の拡大に力を入れ、新しいデスティネーションを増やしていきたいと思います」

それに対しJATA中村理事長は「アフリカの中でもサファリなど雄大な自然や遺産が多く、魅力をよく知る人たちにとってケニアは人気のある観光地です。展示会やセミナー等で継続してプロモーションしていくことでケニアの認知度や人気がさらに高まり、観光客増加につながるでしょう。規模が拡大される今年のT-EXPOにはぜひ出展いただき、また日本の窓口となる観光局業務は非常に重要となりますので、ぜひ継続いただきたい」と応えました。


  • ジャシンタ・ンズィオカ氏

  • 中村理事長

Ms. Jacinta Nzioka, Director of Marketing Kenya Tourism Board, visited the Main Office of JATA on November 21st, Thursday

Ms. Jacinta Nzioka, Director of Marketing Kenya Tourism Board, visited the Main Office of JATA on November 21st, Thursday and she talked with Mr. Nakamura, President of JATA about the trends of Japanese Travel Market and the cooperative relationship between Kenya and Japan in the future.

“The recent main concern and target of tourism is the Asian Market thus Japan is an important destination for us. With the leadership of the new young government in Kenya, we are going to work on the tourism more than ever. Kenya consists of 47 counties and other than the safari factor, we try to expand the tourism attractions of each county and offer new destinations in the future.”

“Kenya is rich in magnificent nature and heritage sites and it’s such a popular destination by travelers who know its attractions well. In order to increase the visitors to Kenya, continuous promotion through the exhibitions and seminars will be an essential to transmit the updates of your country and let people know the attractions of Kenya. We very much appreciate your constant participation in JATA T-EXPO which will be a larger-scale tourism event this year. We also hope you to continue the management of the tourism office in Japan which will be the very important factor.“ Mr. Nakamura replied.


記念撮影

このページの先頭へ戻る