現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月16日(木)、バハマ外務次官代行フィリップ・ミラー氏がJATAを訪問

2014年2月10日

1月16日(木)、バハマ外務次官代行フィリップ・ミラー氏がJATA本部を訪問し、日本人観光客増加に向けた今後の観光戦略についてお話になりました。
「70年代後半から80年代にかけ、日本人観光客に人気があり多くの方にお越しいただきましたが、近年は減少傾向にあります。現在はアメリカ、カナダからの観光客が大多数を占めますが、以前のように日本人観光客の方にもまたお越しいただきたい。今後の日本人観光客増加に向け、JATAより良いアドバイスをいただきたい」

それに対し中村理事長は「海外旅行が自由化された50年ほど前は、日本人の旅行先はアメリカがメインでしたが、現在はアジア近隣国なども大変人気が高く、日本人の旅行先は世界中多岐に渡っています。バハマはアメリカ各地からのフライトアクセスも多く、クルーズも人気で、足を伸ばして滞在してもらうプロモーション活動などが効果的ではないでしょうか。ポテンシャルは非常に高く、ぜひセミナーやT-EXPOへの出展などで積極的に情報発信していただきたい」と応えました。


  • 右から中村理事長、越智事務局長

  • フィリップ・ミラー氏

Mr. Philip Miller, Permanent Secretary, Ministry of Foreign Affaires and Immigration Commonwealth of the Bahamas, visited the Main Office of JATA on January 16th, Thursday

During the meeting with representatives of JATA, Mr. Miller talked about the tourism strategy in order to increase the number of visitors to Bahamas.
“Bahamas, very popular destination for Japanese travelers in late 70’s to 80’s, is not having tourists from Japan as many as it used to be. Travelers to Bahamas at present are mainly from America and Canada, but we would like to encourage the number of Japanese tourists as well. Your precise advice for the issue will be highly appreciated.”

“The major overseas destination for Japanese travelers 50 years ago was America, but now the outbound travel for them has become wide-ranging destinations which have spread all over the world. Asian countries are also getting very popular nowadays. Since there are easy flight accesses and the cruises from various districts of USA, promotion activities for tour packages by extending travelers’ visit from USA to Bahamas might be very effective. Potential is very high so that please take the opportunities to transmit the information actively through the participation in seminars and JATA T-EXPO.” Mr. Nakamura said in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る