現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月16日(木)、MIATモンゴル航空日本支社長ソドノムドルジ・プレブスレン氏がJATAを訪問

2014年2月7日

1月16日(木)、MIATモンゴル航空日本支社長ソドノムドルジ・プレブスレン氏がJATAを訪問し、モンゴル−日本間での座席供給率や今後の取り組みについてお話になりました。
「日本-モンゴル間の旅行者数は嬉しいことに増加傾向にあり、2013年のMIATによる総輸送人員は前年比8%アップの3万8千人となりました。モンゴルはここ数年の経済発展が著しく、モンゴルからの訪日者はビジネスマンを始め学生など一般の旅行客も増えています。今年は夏期だけでなく冬期の便数も増やし、座席供給率を上げていく予定です」

「過去数年間に実施したJATA主催のFAMツアーにおいても、モンゴルの経済発展は年々目に見える成長を遂げていると感じています。近年はインバウンドにも大変力を入れているとのことで、インフラの整備や今後の更なる発展に期待しております。座席供給数の確保は非常に重要ですので、増加を予定されているのは大変効果的です。さらなる日本人送客に向け、MIATとしてキャンペーンやプロモーションも積極的に行っていただければと思います」と中村理事長は応じました。


  • ソドノムドルジ・プレブスレン氏

  • 中村理事長

Mr. PUREVSUREN Sodnomdorj, General Manager of the Tokyo Branch Office of Mongolian airlines visited the Main Office of JATA on January 16th, Thursday.

During his visit, Mr. PUREVSUREN talked about the plans in proportion of airline capacity between Mongolia and Japan this year.
“The overall number of travelers between Japan and Mongolia by MIAT marks 38000 people, 8% up compare to the previous year. Mongolia has been accelerating economic growth for the last few years and the tourists from Mongolia to Japan on business have been increased as well as the regular travelers including students. MIAT Mongolia Airlines would like to increase the number of flights not only during the summer season but also the winter season this year 2014.”

“As we see it through the JATA organized FAM tours in the last few years, economic development in Mongolia has been visually remarkable year by year. We hope the unremitting improvement with the provision of infrastructure will go on in the future. It is very important and efficient to increase the regular flights thus we hope that MIAT Mongolian Airlines will fly as planned this year and work on the campaign and promotion activities in order to increase the Japanese tourists” said JATA’s President Mr. Nakamura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る