現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月23日(木)、駐日ドミニカ共和国特命全権大使エクトル・ドミンゲス閣下がJATA本部を訪問

2014年2月24日

1月23日(木)、駐日ドミニカ共和国特命全権大使 エクトル・ドミンゲス閣下がJATA本部を訪問し、日本とドミニカ共和国における今後の観光振興についてお話になりました。
「昨年の訪日観光客数は1000万人、ドミニカ共和国への観光客数はその約半分の500万人です。今後は政府と一丸となり観光振興に力を入れていく方針であり、将来的に500万人から倍の1000万人に観光客数を増やしていきたい。日本も訪日観光客2000万人との目標がある点で、日本とドミニカ共和国の目指す観光促進の方向性は同じだと考えます。2国間計画として両国にてセミナーの開催やFAMツアーを実施したいと考えています」

「ドミニカ共和国への日本人観光客増加に向け、今後はJATAを通してぜひセミナーを企画し、日本の旅行会社との関係を深め、様々なドミニカ共和国の魅力をツアーオペレーターに伝えていただきたい。日本カリブ交流年にあたる本年度は、近隣国とのコラボレーションなどを視野に入れたプロモーションも効果的だと考えます」とJATA中村理事長が応えました。


  • 右から中村理事長、池田事務局次長

  • エクトル・ドミンゲス特命全権大使

H. E. Mr. Hector Dominguez, Ambassador of The Dominican Republic in Japan, visited the Main Office of JATA on January 23rd, Thursday

During the meeting with representatives of JATA, H. E. Mr. Dominguez talked about his willingness of the tourism promotional plans between Japan and Dominican Republic. “We heard that the number of visitors to Japan in 2013 was 10 million and we, Dominican Republic, had 5 million visitors, approximately half of the inbound travelers to Japan. Aiming for 10 million visitors to Dominican Republic in the future, we will pull together and put our effort into the tourism promotion closely with the government. While you have a target number of 20 million inbound visitors which is twice as many as the current number, we believe that we both are heading towards the same direction in the tourism. As mutual cooperative promotional plans, we hope to accomplish seminars and FAM trips in both countries.”

“In order to enhance the number of Japanese tourists to Dominican Republic, we hope you to transmit the various attractions of your country by conducting the seminars and deepen a relationship with Japanese travel agencies through JATA. Collaborative promotions with neighbor Caribbean nations should be also very effective while 2014 marks the JAPAN・CARICOM Friendship Year.” Mr. Nakamura replied.


記念撮影

このページの先頭へ戻る