現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月28日(火)、HUNNU Air(フンヌ・エアー)のプレジャル・ムンクジャガル会長がJATAを訪問

2014年3月10日

1月28日(火)、HUNNU Air(フンヌ・エアー)のプレジャル・ムンクジャガル会長がJATAを訪問し、夏期に向けたモンゴル−日本間におけるチャーター便の運行計画についてお話になりました。

「フンヌエアーはまだ2年と新しい航空会社ですが、確実に伸びてきており、アジア各国へのチャーターベースでのフライトも実施しています。昨年は羽田を含めた地方空港へのフライトも実施し成功を収めました。我々は日本マーケットを大変重要視しており、昨年同様、本年度も夏期のチャーター便の運行を予定し、日本の大手旅行会社とデイタイムでの就航実現に向けて話し合いを進めています」

「モンゴルは経済発展が目まぐるしく、今後の更なるインフラ整備により観光がしやすくなることで、観光客増加につながっていくでしょう。昼間の便であれば利便性も良く、本年度のチャーター便の運行が実現し、更なる観光客増加となるよう期待します」と中村理事長は応じました。


  • 左から越智事務局長、池田事務局次長

  • プレジャル・ムンクジャガル会長

Mr. Purejal Munkjagar, Chairman of HUNNU Air visited the Main Office of JATA on February 28th, Tuesday

During his visit, Mr. Munkjagar talked about the charter flight plans between Mongolia and Japan in summertime this year.

“HUNNU Air, 2-year-old new airlines, has been significantly growing to achieve the charter-based flight operations to Asian Countries. Last fiscal year 2013, we had a great success with the flight operations to the Japanese regional airports including Haneda. While Japan market is very important for us, as well as last year, we have proceeded to the negotiations with the major travel agencies in Japan to operate the day-time charter flights for this summer.”

“Economical development in Mongolia has been outstanding and we believe that further improvement of infrastructure will encourage the tourists’ accessibility to Mongolia and bring growth in the Mongolian tourism market. We do hope that the summertime flight plans will be realized to enhance the tourists in both countries.” Mr. Nakamura replied.


記念撮影

このページの先頭へ戻る