現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2014年3月4日(火)、ウズベキスタン観光大臣/国営旅行会社ウズベクツーリズムのファルフ・リザエフ総裁らがJATA本部を訪問

2014年4月14日

2014年3月4日(火)、ウズベキスタン観光大臣/国営旅行会社ウズベクツーリズムのファルフ・リザエフ総裁らがJATA本部を訪問し、本年度の観光促進に向けた改善策や今後の方針などについてお話しになりました。
「昨年12月にJATAを訪問後、議題に上がっていた問題点などをタシケントにて現地政府と話し合い、プログラムを作成しました。今年は特に観光面で力を入れていく予定です。
また日本におけるBtoCにも力を入れるべく、T-EXPOには昨年の3倍の小間数で出展を予定しています。10月に20周年を迎えるタシケントで行われる観光展示会(TITF:Tashkent International Tourism Fair)には、ぜひJATA及びたくさんの旅行会社の方々にご参加いただきたい。本年度のFAMツアーについては、内容の詳細を固め6月の実施に向け動いています。また(通常時間がかかり)懸念されているVISA申請手続きの緩和についても、今後積極的に取り組んでいく方針です」

「シルクロードをはじめとする文化的遺産に興味を持つ旅行者層は、シニアだけではなく若い層も増えているので、今はそこをアピールするプロモーション活動(セミナーを含む)が効果的ではないでしょうか。FAMツアーはJATAとしても協力していきますので、6月の実現に向け進めていきましょう。VISA手続きに関しては、日本の旅行会社及び旅行者の負担を軽減できるよう、今後はスムーズな手続きとなり観光客増加につながるよう期待しています」と中村理事長らは応えました。


  • ファルフ・リザエフ総裁

  • 中村理事長

Mr. Farrukh Rizaev, Minister of Tourism of Uzbekistan/Chairman of the National Company "Uzbektourism", and other delegates visited the Main Office of JATA on March 4th, Tuesday

During the meeting with representatives of JATA, Mr. Rizaev talked about the countermeasure and further improvement of tourism between Uzbekistan and Japan for the current year. “After the last visit to JATA on December in 2013, we had discussed with our government in Tashkent about the issue which came up on the previous meeting and then we made a program for the fiscal year 2014. As written in the program, we will put our efforts to the tourism even more than last year.
We intend to expand our presence to the triple size of booths at JATA Tourism EXPO this year while we work up BtoC promotional activities in Japan.
We will also welcome JATA members and Japanese travel agents to the exhibition, Tashkent International Tourism Fair, which will mark the 20th anniversary in October this year. We’re now working on fixing the details of this year’s FAM Tour to conduct it as soon as possible. Regarding VISA application procedures which are presently time-consuming, we will work on the issue for the smooth access in the future.”

“In addition to the senior market, young Japanese people who are interested in the cultural heritages like Silk Road have a good potential for growth in the future. If you target them and concentrate your efforts on the promotion including seminar, the number of Japanese visitors to Uzbekistan is likely to grow. We at JATA will continuously support you to conduct the FAM tour in June. Regarding VISA procedures, we hope it becomes easily to reduce the burden of Japan travel agents and travelers, and it eventually leads to the visitors’ growth” Mr. Nakamura replied.


記念撮影

このページの先頭へ戻る