現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月25日(火)、中東3カ国(ヨルダン、パレスチナ、イスラエル)の旅行業界代表がJATA本部を表敬訪問

2014年5月12日

3月25日(火)、中東3カ国(ヨルダン、パレスチナ、イスラエル)の旅行業界代表がJATA本部を表敬訪問し観光客増加に向けた対応策等について話し合い、日本の旅行会社と意見交換をされました。

「現在は政情によるネガティブなイメージが先行しているかもしれませんが、3カ国は砂漠などの壮大な自然や歴史的文化遺産も多く、素晴らしい観光地がたくさんあり、ぜひ皆さんに知ってもらい訪れていただきたい国です。今後のプロモーション活動の一環として、ブランディングが大切だと考えています。メディアを通したPRは影響力があり大切ですが、今後はBtoBを対象としたT-EXPOなどの展示会への出展やセミナーの開催も視野に入れています。ポジティブなイメージを印象付けることで観光客増加につながっていくことを強く願っています」

それに対しJATAは、日本の観光マーケットの傾向等を紹介した後、今後の観光促進について応えました。「中東への日本からの観光客は個人旅行よりも、パッケージ旅行での旅行者が多いです。そういった意味で旅行会社に理解を深めてもらい、充実したパッケージツアーの提供が必要と考えます。ジョイントプロモーションとして、1カ国のみを訪れるツアーよりも近隣2〜3カ国を周遊するツアーが効果的かと思います。FAMツアーの実施によるプロモーション活動や、会員会社へ各国の魅力・観光名所を紹介するセミナー等により、ネガティブなイメージを払拭して観光客増加に向けた活動が必要であり、JATAとしてもサポートしていきます」

ヨルダン: ヨルダン観光産業連盟 サミール・ダービ会長
パレスチナ: 聖地外国人観光客受入協会 サミ・アブ・ダイエ会長
イスラエル: G2トラベル エラン・ベンケルCEO
【旅行会社】
G2トラベル:六反代表取締役、アミエルツアーズ:関根日本代表、日根マネージャー


右から中村理事長、中東3カ国(ヨルダン、パレスチナ、イスラエル)の代表者の方々

The Tourism representatives of the Middle East visited the main office of JATA on March 25th, Tuesday.

The three representative people of the Middle East (Jordan, Palestine and Israel) talked about the issues and countermeasures for the tourism growth between Japan and the Middle East along with the opinion exchanges with Japanese Agents. “Although there might has been some negative images by the recent political situation, in terms of tourism, our countries have magnificent nature and many historical and cultural heritages which are worth to visit. We therefore would like people to know the great attractions of ours as it is appropriate destinations to travel, and we hope to receive more tourists in the future. As one of the effective promotional activities, we suppose “Branding” is the important key. PR through the media has a great effect and it’s important, but we also would like to take part in the seminars and exhibitions such as T-EXPO for the encouragement of BtoB tourism market. We do hope all these promotions will bring positive images of Middle East nations and eventually lead up to the tourist growth in the future”

After the representatives of JATA explained the trends of Japanese tourism market, they talked about the further tourism promotion between Japan and the Middle East. “Japanese tourists to the Middle East tend to be on more group package tours than independent travels. From that perspective, the travel agents need further understanding of the attractions of each country and offer fulfilling package tours to consumers. As a joint promotion, it should be effective to go around not only one country but a few neighbor countries at once. JATA will continuously support you in order to take the negative image away, and we hope you to appeal the attractions and features of the countries by the promotional activities such as seminars and FAM tours through JATA.”

Jordan:Mr. Samir Derbi, Chairman of Jordan Society of Tourism and Travel Agents
Palestine:Mr. Sami Abu Dayyeh, Chairman of HLITOA (Holy Land Incoming Tour Operators Association) CEO, Near East Tourist Agency
Israel:Mr. Eran Benkel, CEO of G2-Travel in Israel


記念撮影

このページの先頭へ戻る