現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月9日(水)、ロシアのヤクーツク航空UDOD PAVEL(ウドッド・パーヴェル)副社長がJATAを訪問

2014年5月19日

4月9日(水)、ロシアのヤクーツク航空ウドッド・パーヴェル副社長がJATAを訪問し、夏期におけるチャーター便の運行計画についてお話になりました。
「近年は極東−日本のフライトに力を入れており、成田便の他にも地方路線の確立に取り組み、今期は新潟へのチャーター便の運航を予定しています。ロシアはスポーツも盛んで、スキーも人気がありますが、ロシアにはスキー場があまりないため、新潟はスキー客に人気があります。ロシアの空港はグローバル化を目指して、特に一番重要である安全面は、国際基準を満たし世界標準の安全性があります。また将来的なVISAの緩和や冬の便の運航は今後の課題として考え取り組んでいく方針です」

「地方空港とのアクセスは需要の関係からもなかなか難しい中で、御社の戦略は非常に有効的です。JATAとしても地方チャーターの活性化に力を入れており、地方空港を活気付ける意味でも、チャーター便の運航は非常に感謝いたします。ぜひ今後も定期便の実現に向けて積極的に活動してください」と中村理事長は応えました。


  • 左から中村理事長、重田海外旅行推進部長

  • ウドッド・パーヴェル副社長

Mr. UDOD PAVEL, First Deputy of General Director of Yakutia Airline, visited Mr. Nakamura, President of JATA on April 9th, Wednesday

During the meeting, Mr. Pavel talked about the operational charter flight plan in summertime this year. “In recent years, we are working on the flight operation between the Far East and Japan. In addition to the flights from Narita, our recent focus is the establishment of regional routes, and we are planning to operate the charter flights from Niigata for this term. Skiing is one of the popular sports in Russia, however there are not so many ski resorts in Russia so that Niigata is popular for ski travelers. Regarding the most important issues of safety standards, airports in Russia are aiming for the globalization and it already meets the international standard at present. Our future issues to be addressed would be to ease visa procedures and flight operations in wintertime”

”It might not be easy to keep a balance between supply and demand under the circumstance of the regional airports, but it sure is great news of your charter flight plan in summer. Since we have worked together with the issue, we at JATA really appreciate your plan in order to activate the regional airports in the future” Mr. Nakamura of JATA replied.


記念撮影

このページの先頭へ戻る