現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月7日(水)、駐日モルディブ特命全権大使アハメド・カリール閣下がJATA菊間会長を訪問

2014年6月2日

5月7日(水)、駐日モルディブ特命全権大使アハメド・カリール閣下がJATA菊間会長を訪問し、4月のモルディブ大統領訪日時における謝意を表明し、今後のモルディブの観光プロモーションについてお話になりました。
「来年7月26日にモルディブは建国50周年を迎えるにあたり、本年7月26日より一年間かけ50周年へ向けたプロモーション活動を展開する予定です。それに伴い、今後のJATAとの関係継続と観光プロモーションの強化を観光大臣も希望されています。T-EXPOでも積極的に50周年を強調し、モルディブの魅力をアピールしていきます」と語り、本年のT-EXPOに観光大臣も訪日される予定であることを明らかにしました。また、大統領訪日を契機にモルディブへの日本ブランドホテル建設関連や企業投資の話が出ており、大使館としてもフォローしていく意向を示しました。

それに対し菊間会長は、モルディブでは5星クラスのホテル以外に3星級のホテルが半数もあるので、もっとこのクラスのホテルを利用する事をJATA会員も検討する必要があると応えました。


菊間会長(右)とアハメド・カリール閣下

H. E. Mr. Ahmed Khaleel, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Maldives in Japan, visited Mr. Kikuma, Chairman of JATA on May 7th, Wednesday

At the meeting with Mr. Kikuma of JATA, H. E. Mr. Ahmed Khaleel firstly extended his appreciation for all the cooperation while H.E. Mr. Gayoom, President of the Republic of Maldives had stayed in Tokyo during his official visit and then talked about the future tourism promotion between Japan and Maldives.

“The tourism minister does hope to keep the standing cooperative ties with JATA and strengthen the tourism promotion of Maldives in the future. At the great occasion of the 50th anniversary of Maldives National Foundation on July 26th next year, we are going to start the one-year promotional activity from July 26th this year. We will emphasize our great 50th anniversary at the JATA Tourism EXPO as well. There is also a good possibility that the tourism minister would visit Japan again during the T-EXPO this year. We at Maldives Embassy are supporting all the possible future plans such as construction of Japanese brand hotels and corporate investment which were mentioned during the president’s visit in Tokyo”

”In addition to the luxury five-star hotels, there are many three-star hotels in Maldives. We think that our member companies (Japanese Tour Operators) should consider to use more three-star hotels as well as five-star hotels in the future” Mr. Kikuma said in reply.

このページの先頭へ戻る