現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月30日(金)、駐日チュニジア共和国特命全権大使ファラード・クリフ閣下がJATA菊間会長を訪問

2014年6月23日

5月30日(金)、駐日チュニジア共和国特命全権大使ファラード・クリフ閣下がJATA菊間会長を訪問し、日本とチュニジアの観光促進についてお話になりました。
「本年より、新しく女性の観光大臣が就任し、今後益々観光事業に力を入れていく方針です。今後は2WAYコーポレーションとして日本−チュニジア間の相互の協力関係を深めていくことが必要と考えます。現在インバウンド総観光客数は500〜600万人とアラブの春以前の数字に戻りつつありますが、2015年を目標に更なる増加に向け取り組んでいきたいと考えます。また万全のセキュリティー体制で、安全に旅行が楽しめる観光地であることを、チュニジアを訪れて再確認していただきたいです」

それに対しJATA菊間会長は「チュニジアは自然や歴史を楽しむ以外に、イスラム国の中でもヨーロッパの雰囲気もあり、またスーク(市場)などの街歩きも楽しめる。また人々もスマートなおもてなしで、街巡りもしやすく観光にとても適している印象です。今後はその魅力を一般の人たちにも伝えていく必要があります。また有効な2WAYツーリズムを確立するにあたり、JATAとしても引き続き協力していきます」と応えました。


  • ファラード・クリフ閣下

  • 菊間会長

H. E. Mr. Farhad Khlif, Ambassador of the Republic of Tunisia in Japan visited Mr. Kikuma, Chairman of JATA on May 30th, Friday

During the meeting, H. E. Mr. Khlif addressed the importance of the Japanese travel market and the two-way cooperation between Japan and Tunisia. “With the new female tourism minister of Tunisia, we are making efforts to strengthen the tourism promotion in Tunisia. Currently total inbound arrivals to Tunisia is about five to six million which is getting closer to the number before the Arab spring. Consequently, we will set up the goal with the aim of the year 2015 and work on expanding the Japanese tourist flows to Tunisia. We would like you to see the current security condition and make sure that Tunisia is a safe enjoyable destination to visit”

Mr. Kikuma of JATA said, “In addition to experiencing the Sahara desert and beautiful scenery of nature, tourists can enjoy walking around the markets in the cities and feeling a comfortable hospitality of Tunisian in European-like atmosphere in Islamic country. A message of these Tunisian attractions need to be sent to the Japanese public.With the intention of realizing the successful two-way tourism in the both countries, we at JATA will continually support and cooperate with you in the future”


記念撮影

このページの先頭へ戻る