現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月24日(水)、ツーリズムオーストラリア(オーストラリア政府観光局)のオサリバン局長が中村理事長を訪問

2014年10月6日

9月24日(水)、ツーリズムオーストラリア(オーストラリア政府観光局)のオサリバン局長が中村理事長を訪問しました。「2013年にもオーストラリアインバウンドツーリズムが拡大したものの、日本からの観光客は減少の傾向にあります。それでも、オーストラリア政府観光局は、日本が重要なマーケットと位置づけています。減少の理由についてご意見を聞かせていただきたいです」
「オーストラリアは日本人にとって非常に人気のある国ですが、最近たくさんのアジアンリゾートが登場し、激しい競争をしています。ですから、オーストラリアの魅力をより打ち出していけば改善できると思います。ただ、オーストラリアへの航空座席供給は限られていますから、今利用できる座席に基づいて、促進戦略を考えた方がよいと思います」と理事長らは応じました。


  • オサリバン局長(左)

  • 左から越智事務局長、中村理事長

Mr. John O'Sullivan, Managing Director of Tourism Australia visited Mr. Nakamura, President of JATA, on September 24th, Wednesday

During his visit, Mr. O’Sullivan talked about the important position of Japan as a country sending tourists to Australia and discussed the reasons for the decrease in the number of the Japanese visiting Australia.

Mr. Nakamura, President of JATA, said that in recent years many Asian resorts have entered the market and they have been competing to get more Japanese visitors. Australia needs to show its attractiveness in a more proactive way. “Though Australia is one of the most popular destinations in Japan, the limited and unstable air seat supply has played a negative role for the Japanese travel to the country. That’s way, the new promotion policy should consider the limited number of seats and concentrate on what can be done under the current circumstances,” added other representatives of JATA attending the meeting.


記念撮影

このページの先頭へ戻る