現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月26日(金)、中国国家旅游局の李世宏中国国家旅游局国際司司長らが田川会長らを訪問

2014年10月6日

9月26日(金)、中国国家旅游局の李世宏中国国家旅游局国際司司長らが田川会長らを訪問し、「中国の旅行業界は日本との関係を大事にしていきたいと考えています。本年1月から6月までの、中国から日本へ旅行するお客様は50%以上で、急激に増えました。ですが、日本からのお客様は6%減少しました。私どもはできるだけ日本を訪れる中国人の人数を増やしていきたいと思います。お互いに友好関係を存続するために頑張っていきたい」と話されました。

田川会長は、「中国は見所がたくさんありますが、個人的に、PM2.5を心配しています。観光客数に影響を及ぼすので改善することができればありがたいです。これから中国と日本がもう一度交流を強化するためにお互いに協力する必要があると感じます。そして、今までの観光地に加えて、新しい地域、観光地を発掘すれば観光拡大により良い影響が期待できます」と応じました。


  • 田川会長(左から2人目)を中心に会談

  • 李世宏中国国家旅游局国際司司長(中央)

Mr. Li Shihong, Director, Chinese National Tourism Administration, visited Mr. Hiromi Tagawa on September 26th, Friday

The Chinese travel and tourism industry values its relations with Japan and will work to preserve them. During the first half of this year, 50% more Chinese travelers visited Japan compared to the same period of 2013 but the number of Japanese who visited Chine during the same period dropped by 6%. We will do our best to send a bigger number of Chinese visitors to Japan and hope that with efforts on both sides we can maintain the good relations with the Japanese travel industry,” said Mr. Li Shihong during the meeting with Mr. Tagawa.

“China is indeed rich in travel attractions. Personally, I am concerned with the PM2.5 articles in the tourist areas and think that the air pollution has a negative impact on the number of visitors from Japan. Both Japan and China need to strengthen their efforts and continue to deepen their business relations. In terms of tour products, introducing new destinations and attractions will help increase the number of visitors from Japan,” said Mr. Tagawa


記念撮影

このページの先頭へ戻る