現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月26日(金)、USTのM.スミス、バイス プレジデント ビジネス開発、が田川会長を訪問

2014年10月6日

9月26日(金)、USTのM.スミス バイス プレジデント、ビジネス開発、が田川会長を訪問し、2016年ニューオーリンズに行われるIPWについて説明されました。「ニューオーリンズでは、IPW2016に向けて、ほとんどの宿泊施設がリノベーションを図って、投資しています。ニューオーリンズは2002年に発生したハリケーンカトリナ後の復興を成し遂げたので、2016年にそれをショーケースにすることができると思います。そして2015年のIPWには100人のレジャーバイヤーを招聘したいのでご協力お願いします」

田川会長は、「1990年代はオーランドへの観光がピークでありましたが、その後事件などの影響で観光客が減少しました。日本人はアメリカのことを表面的には知っていますが、なかなか深堀していないのです。ですから、オーランドの豊富なツーリズムアトラクションを深堀して、それらを活かしたツアーを提供すれば観光客の増加が期待できます」と応じました。


  • M.スミス バイス プレジデント(左)

  • 田川会長(右)、越智事務局長(左)

Mr. Malcolm Smith, Vice President, Business Development, US Travel Association, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA on September 26th, Friday

At the meeting with Mr. Hiromi Tagawa, Mr. Malcolm Smith talked about the International POW WOW. “New Orleans is preparing for the IPW in 2016 by investing in renovation and building of accommodation facilities. The city has completely recovered from the devastation caused by the Hurricane Katrina and will probably manage to showcase its recovery during the IPW. As for the IPW 2015, we hope to attract as many as 100 Japanese leisure buyers and would like to ask for JATA’s assistance.”

“There was a peak in travel to Orlando in the 1990s but due to several accidents the number of travelers dropped. While the Japanese general public has good general knowledge regarding the USA as a whole, people know very little about specific attractions. At the IPW 2015, we expect to receive a lot of detailed information about the multiple tourist attractions of Orlando which will enable us to create and offer tours including the attractions,” said Mr. Tagawa.


記念撮影

このページの先頭へ戻る