現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月27日(土)、APTECのピーター・ウォン、Executive Chairman, China Chamber of Tourism and Chairman, Culture Resources Development Co Ltd.が田川会長を訪問

2014年10月6日

9月27日(土)、APTECのピーター・ウォン、Executive Chairman, China Chamber of Tourism and Chairman, Culture Resources Development Co Ltd.が田川会長を訪問し、APTECの中国チャプターを紹介しました。APTECは中国において唯一の民間組織であり、これから日本の旅行業界との関係を強化したい意向です。「現在では、中国に3つの国営の旅行会社が存在していますが、中国政府は1996年に観光業をビジネスとして考えるようになり、民間業者が参入できるようになりました。中国のAPTECチェンバーは国際ビジネスの窓口となっています。来年はもっと早く準備して、中国でツーリズムEXPOジャパンを宣伝していきます。

田川会長らは、「来年は、できればシルクロードをテーマに出展いただければ、商談会にも参加できるのでご検討ください」と応えました。


  • ピーター・ウォン氏(左)

  • 田川会長(右から2人目)を中心に会談

Mr. Peter Wong, Executive Chairman, China Chamber of Tourism and Chairman, Culture Resources Development Co Ltd. Visited Mr. Hiromi Tagawa on September 27th, Saturday

During his conversation with Mr. Tagawa, Mr. Wong talked about the Chinese chamber of APTEC. “At present, we are the only organization in China which comprises of private companies. We are determined to establish strong relations with the Japanese travel industry. Although at present there are three state-run travel agencies in Chine, in 1996 the Chinese government recognized travel and tourism as a separate industry and encouraged private companies to enter the market. The Chinese chamber of APTEC is the representative of the Chinese travel industry abroad and we are aiming to establishing relations with businesses abroad. Next year, we will participate with a separate stand in the Tourism EXPO Japan and will take an active part in the Business meetings session.”

Mr. Tagawa advised that a separate stand by the name of the “Silk Road” will provide an opportunity for further promotion and guarantee the exhibitors participation in the business meetings session.


記念撮影

このページの先頭へ戻る