現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月27日(土)、東アフリカ商業観光省のイブラヒム・M.モハメド副長官が中村理事長を訪問

2014年10月6日

9月27日(土)、東アフリカ商業観光省のイブラヒム・M.モハメド副長官が中村理事長を訪問し、ケニアの観光促進についてお話しされました。「現在、外務省のケニアに対する危険情報は、レベル2になっていますが、政府が安全確保のために設置をしているので、状況はかなり落ち着いています。今回、安全情報を引き下げるために、政府の取り組みを説明します。ツアーが作れるようになったら、ケニア行きのチャーターも計画したいです」

それに対して、中村理事長は、「まずは、在ケニアの大使館に話しかけて、ケニア政府の取り組みに関する具体的な情報を提供していただきたいです。危険情報のレベルが下がって、安心して送客できるようになったら、チャーターのお話しをされてもよいかと思います」と提案されました。


  • 中村理事長

  • イブラヒム・M.モハメド副長官

Dr. Ibrahim M. MOHAMED, MD, MPH, MBA, Principal Secretary, Commerce and Tourism Ministry of the East African Affairs, Commerce and Tourism, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA on September 27th, Saturday

At the meeting with Mr. Nakamura, Dr. Ibrahim M. MOHAMED said that the Kenyan government is taking steps to have the travel advisory level for Kenya lowered back to Level 1. “We have taken measures guaranteeing tourists’ safety and as soon as Japanese travelers return to Kenya we will work to have charter flights from Japan.”

“The most effective way to lower the travel advisory level is to approach the Japanese embassy in Kenya and ask them to advise the Ministry of Foreign Affairs in Tokyo. The talks regarding charter flights should come after the advisory gets back to Level 1 and the travel companies start conducting tours to Kenya again,” said Mr. Nakamura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る