現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月21日(火)、在ウズベキスタン日本国大使加藤文彦閣下がJATA中村理事長を訪問

2014年11月3日

10月21日(火)、在ウズベキスタン日本国大使加藤文彦閣下がJATA中村理事長を訪問し、ウズベキスタン共和国の最新事情やウズベキスタン-日本間のビジネス関係を説明されました。「資源が豊富で、平均年齢の若いウズベキスタンは観光地として成長していくと確信しています。日本の企業が大きな事業を展開しているので、旅行業界のご協力もいただければ幸いです」

中村理事長らは、「今年6月に行われたウズベキスタン視察ツアーは、結果として、大手新聞や地方紙に多くの記事が掲載されました。これからも、継続的にメディアで紹介されれば、認知度が高まるでしょう。また、政府観光局が日本で設置されれば、旅行業界や一般観光客を対象に、充実した観光促進が可能になり、旅行会社はツアー企画などに必要な最新情報も得やすくなるでしょう。是非、そのため、加藤閣下のご協力をお願いしたいと思います」と応じました。


  • 中村理事長(左)、飯田海外旅行推進部副部長(右)

  • 加藤文彦在ウズベキスタン日本国大使

H.E. Mr. Fumihiko Kato, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary to the Republic of Uzbekistan, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on October 21st, Tuesday

H.E. Mr. Kato acquainted JATA’s representatives with the business relations between Uzbekistan and Japan. “Uzbekistan, which has a young population and is rich in natural resources, will continue to grow its economy. Some major Japanese companies have been investing in Uzbekistan’s infrastructure development. I hope that the Japanese travel industry will tap the potential of the country as a travel destination.”

“An inspection tour which took place in June this year produced great results as articles on Uzbekistan were published in a number of major national and regional newspapers, introducing the country to a large audience. Regular publications in the media will maintain and even deepen the interest in Uzbekistan as a travel destination. In addition, setting a national tourism office in Japan will facilitate communication with both the travel industry and the potential customers. We would appreciate it if you could convey this to the concerned authorities in Uzbekistan,” said Mr. Nakamura in reply.

このページの先頭へ戻る