現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月29日(水)、カーニバル・コーポレーション、プリンセス・クルーズ・ブランドのアンソニー・カウフマン シニア・バイス・プレジデントが田川会長を訪問

2014年11月3日

10月29日(水)、カーニバル・コーポレーション、プリンセス・クルーズ・ブランドのアンソニー・カウフマン シニア・バイス・プレジデントが田川会長を訪問し、日本における今後のプリンセス・クルーズの市場開発政策について話されました。
「プリンセス・クルーズは2013年にJATAから表彰状を頂き、まことにありがとうございます。2年前に参入して、これから日本市場に関わりあっていく方針です。市場のニーズを把握して、今後お客様の需要に合わせた線数やコースを提供していくため、ブランド戦略や日本のビジネス・パートナーとの協力関係の構築などに勤めていきます。2015年には日本での船機が1つになりますが、クルーズ市場の拡大を目的に、旅行会社と共に商品を提供できればと思います。2015年にプリンセス・クルーズをご利用して日本を訪れる観光客数は2014年より多くなると確信しています。また、日本では、クルーズ旅行が新しい商品であるため、自然災害の場合のキャンセル、入国手続きなどに関して、たくさんの規制があり、クルーズ旅行の販売のバリアになっていると考えています。これからの市場開発のため、規制緩和していただければ、クルーズ会社はビジネスがやりやすくなると思います」と話されました。

それに対して、田川会長は、「日本において、クルーズ旅行はこれから拡大が見込まれる商品です。 また、新しい市場であることもあり、いろんな規制があります。クルーズマーケットの成長のため、世界の基準規制に合わせるような議論が始まっていますから、レポートを書いていただければと思います。需要喚起のために、クルーズに乗るお客様の理解を深めたり、消費者教育や行政教育もあります。クルーズで訪れる港が限られているので、もっと自由に使用できることと多様性を高めるのに港のインフラ整備も重要になります。クルーズ旅行は新しい分野ですから、消費者の権利の保護などについては、これからいろいろ考える必要があります」と応えました。


  • アンソニー・カウフマン氏

  • 田川会長

Mr. Anthony Kaufman, appointed by Carnival plc to the position senior vice president Asia operations in March, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on October 29th, Wednesday

Mr. Kaufman introduced the company’s policy for market development in Japan. “We are grateful for the JATA Award which we received in 2013. We entered the Japanese market 2 years ago and will continue to develop our partnership with all stake holders. After grasping the market trends, we intend to offer products which respond to customers’ needs. To achieve this, we will work for strong brand recognition and create close relations with Japanese business partners. We will deploy only one ship in Japan in 2015 but I am sure that we will bring more tourists to the country as compared to 2014. As cruise travel is a new business area in Japan, regulations governing immigration procedures, cancelations in case of natural hazards and natural disasters, etc. present barriers to smooth operations. Relaxing some of those regulations will make business operations easier,” said Mr. Kaufman.

“Cruise travel is expected to grow in the future. Being a new business area, it is subject to multiple rules and regulations. It is believed that adjusting the local regulations to the world standard will facilitate market growth, discussion has already begun on how to adjust the rules. We would appreciate your contribution to the discussion. However, to stimulate demand, it is necessary to cultivate a deeper understanding among the public, acquaint both the customers and the concerned authorities with the specific features of cruise travel. At present, the number of ports which can be visited by cruise ships is limited so, in order to improve flexibility and diversify the product, it is important that appropriate facilities be built. In terms of client protection, with cruise travel being still a new field in Japan, there are multiple issues which are still to be considered and discussed,” said Mr. Tagawa.


記念撮影

このページの先頭へ戻る