現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月29日(水)、MTA日本委員会のバータルサイハン委員長が中村理事長を訪問

2014年11月3日

10月29日(水)、MTA日本委員会のバータルサイハン委員長が中村理事長を訪問し、「新しい国際空港が2016年に完成し、2017年に開業するので、今まで以上に、モンゴル-日本間の双方に観光客を増やしていきたいです。最近モンゴル航空は満席ですが、来年1月の羽田からの直行便の就航によって、2カ国間の航空座席供給が増えます。先月実施された視察ツアーは、結果として、日本人にとって、モンゴルの観光アトラクションで何が人気かということを教えていただいて感謝しています」と話されました。

中村理事長らは、「最近モンゴルからのお客様が多くなってきましたが、今後ハイシーズン以外のツアーの提供、また観光アトラクションの宣伝をしていけば、日本からの観光客の拡大が見込まれます。是非これからもご協力いただきますようにお願いします」と期待を寄せられました。


  • バータルサイハン委員長

  • 中村理事長

Mr. Baatarsaikhan, Chairman of the Japan Committee of MTA, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on October 29th, Wednesday.

Mr. Baatarsaikhan talked about the new international airport of Ulaanbaatar, which will be completed in 2016. The airport, which is situated at about 30 minutes away from the city, will be open in 2017. “We will do our best to increase the tourist flows between Japan and Mongolia. Recently, MIAT airplanes have been fully booked but the air seat capacity will increase from January as a new service from Haneda will begin operations once a week. Also, the inspection tour conducted last month was very productive as it helped us understand what new attractions we can offer to the Japanese travelers. We are deeply grateful for whole-hearted support of all the participants in the tour,” said Mr. Baatarsaikhan.

“While Mongolian visitors to japan have increased recently, we do hope that you introduce and publicize off-season attractions and tours so that the number of Japanese tourists to Mongolia will grow too. We will appreciate your continued cooperation,” said Mr. Nakamura and the other representatives of JATA who attended the meeting.

このページの先頭へ戻る