現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2014年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月4日(木)、マレーシア旅行業協会の会長 Dato’Syed Mohd Razif Bin Al Yahya氏がJATA本部を訪問

2014年12月8日

12月4日(木)、マレーシア旅行業協会の会長Dato’Syed Mohd Razif Bin Al Yahya氏がJATA本部を訪問し、ムスリム観光客による日本へのツアー開発についてお話されました。
「東南アジアはムスリム人口が2億人であり、ムスリム観光客の受け入れ体制が整えばMATTAの会員会社は送客していきたいと思います。そのため、ムスリムツアーの企画、提供などについて、JATA会員と情報交換したいと思います。また、ムスリムツアーを拡大するための受け入れ準備ができたら、我々はマレーシア観光客に加え、マレーシアで長期滞在する中東の観光客に日本ツアーを提供し、双方利益を拡大していきたいと考えています」

越智事務局長らは、「日本はムスリム観光客のための受け入れ体制が遅れています。JATA会員会社に、必要なノウハウを提供していただければ、JATAはその情報を発信し、セミナーなど開催することができるので、協力していきたいと思います」と応じました。


  • 越智事務局長

  • Dato’Syed Mohd Razif Bin Al Yahya氏(右)

Mr. Dato’ Syed Mohd Razif Bin Al Yahya, President of the Bumiputera Travel Tour Agents Association of Malaysia, visited the Main Office of JATA on December 4th, Thursday

Mr. Dato’ Syed Mohd Razif Bin Al Yahya, President of the Bumiputera Travel Tour Agents Association of Malaysia, visited the Main Office of JATA and met with Mr. Yoshinori Ochi, Director of the Board and Secretary General of JATA. “The Muslim population of South-East Asia is 200 million, presenting a huge business possibility for the travel industry. We are considering sending tourists to Japan as soon as Japan has the necessary facilities and can offer services specifically appreciated by Muslim customers. In order to facilitate the process, we are willing to exchange information and work in collaboration with the Japanese travel industry. In addition to Malaysian tourists, we can also offer tours to Japan to vacationers from the Middle East and thus work for expanding mutual benefits in the future.”

“Your help on know-how on Muslim tours will be deeply appreciated. JATA will help to disseminate the information. We can also assist you in organizing seminars for JATA member companies and will do our best to cooperate so that we can expand Muslim travel in Japan,” said Mr. Ochi in reply.

このページの先頭へ戻る