現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月16日(金)、スイス政府観光局のアジア太平洋地域統括担当サイモン・ボスハルト氏と日本支局長ファビアン・クレール氏が菊間副会長を訪問

2015年1月26日

1月16日(金)、スイス政府観光局のアジア太平洋地域統括担当サイモン・ボスハルト氏と日本支局長ファビアン・クレール氏が菊間副会長を訪問し、今後の観光促進戦略に関してお話されました。「スイスへの日本人の観光客の減少を取り返すために、観光地やお客様のポジションを考慮して、観光商品の多様化に取り組んでいます」

菊間副会長は、「スイスは日本市場にとって重要な観光地であり、観光客を増やすために、昔からスイス政府観光局に大きな力をいただいています。ただ、新しい観光素材を提供し、市場のニーズに応えた新しいツアーを作り出す必要があります。スイスを代表する新鮮なイメージを作り出したり、季節を伸ばしたりすることを真剣に考えるところだと思います。地方の料理や祭りなど、様々な素材を利用していけばよいと思います。引き続き、ご協力をお願いします」と応じました。


  • 左から菊間副会長、中村理事長

  • 右からサイモン・ボスハルト氏、ファビアン・クレール氏

Mr. Simon Bosshart, Director Global Accounts, Switzerland Tourism, and Mr. Fabian Clerc, Director Japan, visited Mr. Jungo Kikuma, Vice Chairman of JATA on January 16th, Friday

During their visit, Mr. Bosshart and Mr. Clerc talked about the future promotion strategy of Switzerland Tourism. “Switzerland is a popular destination in Japan but the number of Japanese tourists has been decreasing for over a decade now. In order to reignite the interest in Switzerland we are considering diversification strategies which will be beneficial for both customers and host destinations.”

“Switzerland is a very important destination in the Japanese travel market and we have received tremendous support from your office in our efforts to increase the number of visitors. However, it is necessary to create new products which meet the needs of our customers. We have reached the point where we have to seriously think about creating a new image destination and extending travel beyond the peak season. Using new tour contents such as local food and festivals is a good move in this direction. We very much hope to continue our cooperation in the future,” said Mr. Kikuma in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る