現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月22日(木)、タヒチ政府観光局のポール・スローンCEOがJATA本部を訪問

2015年2月2日

1月22日(木)、タヒチ政府観光局のポール・スローンCEOがJATA本部を訪問し、タヒチ政府観光局の観光促進戦略の新しい方向性についてお話されました。「タヒチは日本人の観光客を重視しておりますが、ここ数年間、観光客数が伸び悩んでいます。日本市場でのポジションを取り戻すために、新しいブランドの発足をはじめ、日本語の新ウェブサイトの設置や日本の旅行業界との関係の強化など、認知度を高める様々な対策を考えています。加えて、現在日本からの観光客はハネムーナーが80%を占めているのですが、今後新しいセグメントを探し、観光客層の多様化にも努めて行きたいと思います」

中村理事長らは、「タヒチは特別な魅力的を持っている観光地です。現在対象にしている観光客層を取り戻すため、PRの強化や新規ツアー商品を提供していけばよいではないかと思います。JATAとして、協力できる分があれば、協力していきたいと思っております」と応じました。


  • 中村理事長

  • ポール・スローンCEO(左)

Mr. Paul Sloan, Chief Executive Officer of Tahiti Tourisme, visited the Head Quarters of JATA on January 22nd, Thursday

At the meeting with Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, Mr. Sloan、CEO of Tahiti Tourisme, talked about the new promotional strategy of his organization. “We highly value Japanese visitors and to our regret there has been no positive growth in recent years. In order to recover our position in the Japanese market, we are going to launch a new branding campaign and a new web site in Japanese. Our plans include also strengthening our partnership with Japanese travel companies and improving the awareness of Tahiti. At present 80% of the Japanese visitors are honeymooners and we are considering adding new customer segments to our customer mix.”

“Tahiti holds a special appeal to Japanese customers. Reinforced promotion and new tour products are likely to help you restore the number of your traditional customer segments and JATA is ready to assist you in your efforts,” said Mr. Nakamura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る