現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月25日(水)、タリンクシリアラインのCEO、マルグス・シュルッツ氏と同社のバイス・プレジデント パシ・ナッキ氏がJATA中村理事長を訪問

2015年3月2日

2月25日(水)、タリンクシリアラインのCEO、マルグス・シュルッツ氏と同社のバイス・プレジデント パシ・ナッキ氏がJATA中村理事長と懇談されました。「シリアラインはバルト海の都市をつなげているフェリーラインですが、船内でエンターテインメントプログラムやショッピングなど、クルーズツアーのような商品を提供しています。現在日本人の観光客は年に4万人前後ですが、世代の変化に伴ったお客様の嗜好に応えるために、新しい商品を作って、提供したいと思っています。日本市場の最近の傾向についてお伺いしたい」とアドバイスを求めました。

中村理事長らは、「今後のシニア世代は、体験ツアーに興味が高まると思われています。昨年だけで、クルーズを経験した人口が6万人増えたので、これから国際クルーズの需要も増加するでしょう。そういった環境で、クルーズに加えて、バルト3国をはじめ、バルト海の国々を経験できるプログラムを含めた商品を提供していけば、日本人の観光客がさらに多くなるでしょう」と応えました。


  • 中村理事長

  • 右からマルグス・シュルッツ氏、パシ・ナッキ氏

Mr. Margus Schults, CEO and Mr. Pasi Nakki, Vice President of Tallink Silja Line, visited Mr. Nakamura, President of JATA on February 25th, Wednesday

At the meeting with Mr. Nakamura, Mr. Margus Schults and Mr. Pasi Nakki introduced the Tallink Silja Line. “Every year, we have about 40,000 customers from Japan. Though we operate ferry services, our product is close to that of cruise companies in that offer entertainment and shopping onboard. We are aware that the generations are changing and would like to know what travel products will be appropriate for the next generation of consumers in Japan.”

“The next generation of senior travelers is said to prefer tours which allow them to gain first-hand experience at travel destinations. Last year, the number of Japanese cruise travelers grew by 60,000 which is a good indicator of the fast growth of the cruise market here. This tendency will undoubtedly have a positive effect on the fly-and-cruise demand. To make the best of this favorable environment, you could offer combinations of cruise and visits to the three Baltic states as well as the other countries on the Baltic sea. Such products will help you to further increase the number of your Japanese clients,” said Mr. Nakamura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る