現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月17日(火)、国連世界観光機関の持続可能な観光プログラム 部長Dirk Glaesser氏がJATA本部を訪問

2015年3月23日

3月17日(火)、国連世界観光機関(UNWTO)の持続可能な観光プログラム 部長Dirk Glaesser氏がJATAにて中村理事長らを訪問され、「世界中で観光客数が急激に増加しており、観光地への負荷が懸念されます。現在UNWTOは、それを測る方法があれば旅行業界でも観光地の資源にかかる負荷が確認でき、それによって、負荷を減らす目標が設定できると考えています」と語りました。


  • Dirk Glaesser氏

  • 懇談の様子

Mr. Dirk Glaesser, Director for the Sustainable Development Programme, UNWTO, visited the Headquarters of JATA on March 17th, Tuesday

Mr. Glaesser said that, as tourism arrivals are rapidly growing throughout the world, UNWTO is looking for consistent ways to decrease the impact on the resources of travel destinations and thus promote sustainable tourism. “The UNWTO is currently looking for ways to measure the impact which travel makes on resources and environment. We believe that a quantitative measurement will help all involved parties, and the travel industry in particular, to set clear goals for reducing that impact.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る