現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月25日(水)、ハワイ政府観光局のバイス・プレジデント・ブランドマネジメントのデイビッド・H.内山氏がJATA本部を訪問

2015年4月6日

3月25日(水)、ハワイ政府観光局のバイス・プレジデント・ブランドマネジメントのデイビッド・H.内山氏がJATA本部を訪問し、ツーリズムEXPOジャパンへの出展を含めて、今後のJATAとハワイ州観光局の協力関係による観光促進について懇談されました。「我々は観光客増加のため、様々な投資をしてきましたが、2016年までに200万人の観光客という目標を達成するために、JATAとの協力で、これから進めていく方法を考えなければならないと考えています」と述べました。

越智事務局長は「エボラ出血熱の発生やイスラム国の問題で、ヨーロッパへの観光客が激減しており、ヨーロッパツアーの多くの観光客の行き先が変わり、焦点がハワイに集まるでしょう。その前提で今年2ブースの出展に加えて違う形でハワイの存在を伝えたいと考えます。ツーリズムEXPOジャパン広報連携によって相乗効果を測り、ご協力をお願いしたいと思います。また、今年もシルバースポンサーとしてご協力をいただければ幸いです。ハワイ政府観光局は様々な活動を行っていますが、是非JATAと相談しながら活動をしていただければ幸いです」と要請しました。


  • 越智事務局長

  • デイビッド・H.内山氏

Mr. David H. Uchiyama, Vice President Brand Management, Hawaii Tourism Authority, visited JATA on March 25th, Wednesday

While discussing the possibilities for new approach to travel promotion in Japan, Mr. Uchiyama and representatives of Hawaii Tourism Japan said that HTA has invested a lot in tourism promotion and “it is necessary to look for new ways to cooperate with JATA in order to achieve the goal of two million Japanese visitors in 2016.”

Mr. Ochi, Director of the Board and Secretary General of JATA, analyzing the current business environment said “Due to the Ebola outbreak and the Islamic State problem travel to Europe has dropped. Customers who would otherwise travel to Europe will be looking for other long-haul destinations and we expect many of them to focus on Hawaii. Hawaii is going to participate in Tourism EXPO Japan 2015 with two booths but having in mind the current business environment, we do need to find additional ways to enhance your presence at the EXPO. We believe that advertising through the event media and becoming a silver sponsor will have a synergetic effect. As regards tourism promotion, we are aware that Hawaii Tourism Japan is very active but do recommend a more outward-bound approach and closer cooperation with JATA.”


懇談の様子

このページの先頭へ戻る