現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月31日(火)、駐日ジャマイカ大使C.P.リカルド・アリコック閣下がJATA本部を訪問

2015年4月6日

3月31日(火)、駐日ジャマイカ大使C.P.リカルド・アリコック閣下がJATA本部にて、JATA中村理事長と懇談されました。「ジャマイカはバラエティに富んだ観光資源・観光施設が整備されていますが、20年前に比べて、日本人の観光客数が1997年の数値の10%に届まっています。日本市場との関係を深めて、2国間の観光振興に努めていきたい。そのため観光大臣のミーティングを開催したいのでJATAのご協力をいただきたい」と要望し、「今後Port Royalが世界遺産に登録されるので、若者に加えてシニア増にアピールできると思います」と話されました。

中村理事長は、「直行便がないことが観光客数が少ない理由ではありますが、日本人は長い休みが取れないこともあり、短距離のデスティネーションへのツアーが求められています。 日本のどういう層に訴えたいかということをクリアにするのが重要ではないかと思います。日本の観光市場をリードしているシニアとOLの観光客が求めているツアーコンテンツとジャマイカの持っている魅力がうまくマッチできれば良いと思います」と応じました。


  • 中村理事長

  • C.P.リカルド・アリコック閣下

H.E.Mr.C.P.Ricardo Allicock, Ambassador of Jamaica in Japan, visited the Main Office of JATA on March 31st, Tuesday

At the meeting with Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA,H.E.Mr.C.P.Ricardo Allicock talked about the great variety of accommodation facilities and tourism resources of Jamaica. “Unfortunately, the number of Japanese visitors is only 10% of what it was in 1997. We are determined to deepen our relations with the Japanese market and work to increase bilateral exchange. We hope to have your assistance for a ministerial meeting on tourism. Also, we expect Port Royal to be enlisted as UNESCO world heritage site, which will help to increase Jamaica’s appeal to senior travelers thus adding another customer segment to that of young working women.”

“While the lack of direct flights is the major reason for the small number of Japanese visitors, the difficulty of taking long holidays is another one for choosing short-haul destinations. It is important to decide which customers you would like to target. The point is to find the best way to match the attractiveness of Jamaica to what the leading customer segments-seniors and young working women-expect from their tours,”replied Mr. Nakamura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る