現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月17日(金)、カナダ政府観光局の社長兼CEOデービッド・ゴールドステイーン氏がJATA越智事務局長を訪問

2015年4月27日

4月17日(金)、カナダ政府観光局の社長兼CEOデービッド・ゴールドステイーン氏がJATA越智事務局長を訪問し、同局の短期、中期の目標に関してお話されました。「カナダへの観光客は一時的に減少傾向にありましたが、ここ数年、伝統的なソースマーケットからのお客様が徐々に増加しています。現在提供しているツアー商品は多用になっております。2017年7月1日のカナダ建国150周年に向けて、若者の観光客を対象にした様々なイベントを開催していく予定です。2017年までに日本からの観光客を40万人、2020年までに80万人を目指しています」

越智局長は、「東京、大阪からのフライトが増えたこともあり、貴局のプロモーションにあわせて、協力をしていきたいと思います」と応じました。


デービッド・ゴールドステイーン氏(右から3人目)、越智事務局長(左から3人目)を囲んで記念撮影

Mr. David Goldstein, President and CEO of Canadian Tourism Commission, made a courtesy call to Mr. Yoshinori Ochi, Director of the Board and Secretary General of JATA, on April 17th, Friday

During the call, Mr. David Goldstein talked about the short- and mid-term targets of the Canadian Tourism Commission. “While there was a period of decrease in the number of visitors from all over the world, we have seen a gradual return of the tourists from our traditional markets. Canada is offering diversified tour products. CTC has planned a number of events targeting young travelers in preparation for the 150th anniversary of the foundation of Canada, which will be celebrated on July 1st, 2017. We aim at 400,000 Japanese visitors by 2017 and 800,000 by 2020.”

“The flights from Tokyo and Osaka to Canadian cities have increased, creating a favorable environment for travel from Japan to Canada,” said Mr. Ochi and added that JATA would support CTC’s promotional activities in Japan.

このページの先頭へ戻る