現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月23日(木)、モンゴル環境グリーン開発・観光大臣Oyunkhorol. D氏がJATA菊間副会長を訪問

2015年5月7日

4月23日(木)、モンゴル環境グリーン開発・観光大臣Oyunkhorol. D氏がJATA菊間副会長を訪問され、意見交換が行われました。「日本とモンゴルは昔から良好な関係にあり、両国の旅行分野はこれからの経済発達の大きな柱になると確信しています。1990年代以降のモンゴルは著しい経済成長を迎えており、今後伝統的に強い農業や鉱業に加えて、民官協力によって、観光産業を開発させる方針を定めています。そのため、今年の予算を大きく増加し、2020年までモンゴルを訪れるお客様の数を100万人から200万人に増やすことを目標にしています。また、観光分野では、日本側の協力をいただき、観光設備を開発していきたいと考えています」

菊間副会長は、「今日のフォーラムと商談会はモンゴルと日本の観光交流を発展させるために、大きな役割を果たしていると思います。去年9月にJATAの視察団がモンゴルを訪れた際には、モンゴル側の熱意を感じ、またその観光資源のすばらしさを再認識しました。モンゴルは国を挙げて観光に力を入れています。日本から近い国であり、直行便も飛んでいるので、これから観光交流の大きな拡大が期待できると思います」 同フォーラムに出席された、JATA理事の原優二氏は、「今後、更なる観光交流を拡大させるために、両国間の直行便の増加、日本におけるモンゴル観光局の設置が重要であります」とモンゴル側へ要望を寄せられました。また、「観光交流のためにモンゴル人に対してビザ免除に取り組むべき」との意見を述べられました。


Oyunkhorol. D氏(左)と菊間副会長(右)

Ms. Oyunkhorol. D, Minister of Environment, Green Development and Tourism of Mongolia, made a courtesy call to Mr. Jungo Kikuma, Vice-Chairman of JATA, on April 23rd, Thursday

During the courtesy call, Ms. Oyunkhorol exchanged opinions with Mr. Kikuma and attending officials. “Mongolia and Japan have always maintained friendly relations. The development of travel and tourism will be the pillar of the future economic growth for both Mongolia and Japan. Mongolia has shown an extraordinary economic development since the 1990s and the government is set to develop the travel and tourism industry in order to reduce the dependence on the traditionally strong mining and agriculture. For this purpose we rely on close cooperation between the private and public sectors. We allocated a record budget for travel and tourism development in 2015 and set a target to increase the number of foreign visitors from one million to two million by 2020. We would very much appreciate JATA’s support in the further development of the Mongolian travel and tourism industry.”

“I am convinced that today’s courtesy call and business meeting will play an important role in the future development of the travel exchange between Japan and Mongolia. Last year in September, representatives of JATA went on an inspection tour to Mongolia. During the tour, we witnessed the working enthusiasm of our hosts and reaffirmed the abundance of tourism resources. Everybody in Mongolia is committed to developing tourism. In terms of distance, the country is close to Japan and as there are direct flights connecting the two countries, we expect a big increase in travel and tourism exchange,” said Mr. Kikuma.
Mr. Yuji Hara, Director of the Board of JATA, shared his recommendations for the development of tourism. “In order to further expand travel exchange, we need more direct flights and a national tourism office which can promote Mongolia as a travel destination in Japan,” sad Mr. Hara and added that visa waivers for Mongolian visitors to Japan will also be essential for the future exchange.


フォーラムの様子

このページの先頭へ戻る