現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月24日(金)、エチオピア航空最高経営責任者 テウォルデ・ゲブレマリアム氏がJATA中村理事長を訪問

2015年5月7日

4月24日(金)、エチオピア航空最高経営責任者 テウォルデ・ゲブレマリアム氏がエチオピア航空の日本への直行便の就航のため、来日し、セミナーを開催。合わせてJATA中村理事長を訪問されました。「成田-アジスアベバ間の直行便が日本人の観光客にアフリカを訪れる大きな機会を与えます。それを成功させるため、観光促進の面でJATAのサポートをお願いできればと思います」

中村理事長は、「日本人、特に我々の世代にとっては、『エチオピア』という国名は、まず東京オリンピック、男子マラソン2連覇のアベベ選手が思い出され、非常に親しみのある国に感じられます。ですが、その豊かな文化、数多く存在する歴史的な建造物はまだ十分知られてないので、今後積極的なPR活動を展開することで訪問者の拡大に繋がればと期待しています。本日のセミナーや商談会、そして9月のJATAツーリズムEXPOジャパンを通じて、多様なPR方法を活用していけば、良い結果につながるでしょう」と応じました。


  • 中村理事長

  • テウォルデ・ゲブレマリアム氏

Mr. Tewolde Gebremariam, Chief Executive Officer, Ethiopian Airlines, visited Mr. Tasturo Nakamura, President of JATA, on April 24th, Friday

Mr. Gebremariam visited Japan on the occasion of the first flight between Narita and Adis Ababa a seminar promoting the new route. During his visit to JATA he said that the new direct flight service is “a chance for many Japanese people to visit Africa. In order to make the route successful, it is important that we receive the support of JATA in terms of tourism promotion.”

“When people of my generation hear the name “Ethiopia” we associate it with the Tokyo Olympic marathon winner Abebe Bikila. In this sense, Ethiopia is a name close to our hearts. However, it is not known that the country is very rich in cultural and historical heritage. Tourism promotion will help increase the number of Japanese tourists to Ethiopia. Promotional seminars and participation in JATA’s Tourism EXPO Japan are different promotional channels which will help bring about positive results,” said Mr. Nakamura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る