現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月15日(金)、西地中海開発機構のMehmet Sirri Ozen事務局長がJATA本部を訪問

2015年5月25日

5月15日(金)、西地中海開発機構のMehmet Sirri Ozen事務局長がJATA本部を訪問し、日本でアンタルヤの観光促進をしていくことを示しました。「日本では、イスタンブールとカッパドキアが人気がありますが、これからアンタルヤで様々な国際イベントを開催していくので、知名度を上げて、多くの観光客に足を伸ばしてアンタルヤまできていただきたいです。今年11月にG20サミットがアンタルヤ市で行われ、2016年4月〜10月に国際旅博も開催する予定です。日本の旅行会社と協力しながら『アンタルヤへ!』と呼びかけていきたい」とお話されました。

中村理事長らは、「トルコはISの影響でイメージのダメージを受けていますが、開催される国際イベントやお祭りなどに関する情報を積極的に旅行会社や一般消費者に伝えていけば、観光客数にそれほど影響されないでしょう。今年12月に「エルトゥールル号」がリリースされるので、トルコへの関心が高まると期待しています。今年もツーリズムEXPOジャパンを通じて、トルコ・アンタルヤをアピールしていけば、認知度が高まると思います」と応じました。


  • Mehmet Sirri Ozen事務局長

  • 中村理事長(右)と飯田海外旅行推進部担当副部長

Mr. Mehmet Sirri Ozen, Secretary General of the West Mediterranean Development Agency, Turkey, visited JATA Headquarters on May 15th, Friday

At the Headquarters of JATA Mr. Mehmet Sirri Ozen met with Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA and talked about promoting travel to Antalya in Japan. “Istanbul and Cappadocia are the most popular destinations in Japan at present. In order to improve the recognition of our province and get more international tourists, we will hold a number of international events. In November this year, the G20 summit will be held in Antalya and from April to October 2016, we will host an International Flower EXPO. We are determined to work in cooperation with the Japanese travel agencies and attract Japanese visitors to Antalya.”

“Turkey has suffered some image damage due to IS. However, if you regularly offer information about the international events which will be held there to travel agencies and the general public, the negative impact on the number of visitors will not be so strong. In December this year, a movie about the rescue of Ertu?rul F?rkateyni’s crew in Wakayama will be released and we believe that it will help rekindle the interest in Turkey and also Antalya” said Mr. Nakamura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る