現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月25日(月)、フィリピン観光省東京支局の東日本代表グエンドリンS.バトーン氏がJATA本部を訪問

2015年6月1日

5月25日(月)、フィリピン観光省東京支局の東日本代表グエンドリンS.バトーン氏がJATAを訪問し、就任挨拶と共に今後の観光促進の方針と目標について説明されました。「2015年はフィリピン観光年ですが、フィリピン−日本観光交流を図り、2016年を2カ国間の交流年にしたいです。現在では、日本からの観光客は年に50万人ですが、フィリピンの露出を強化していくので、2016年に60万人、2020年に80万人までに増やすことができると思います」と目標を示しました。また、「人的交流を増大するため、留学生交流や人材育成など、地方を目的とした観光を提供していきたいので、JATAのご協力をいただければ幸いです」と加えました。

中村理事長は、「今後の活動については、協定が閣僚レベルで調印されれば、JATAは協力していきます」と応じました。


  • 中村理事長

  • グエンドリンS.バトーン氏

Ms. Gwendolyn S. Batoon, Tourism Attache, Department of Tourism, Tokyo Office, Philippine Embassy, visited the Headquarters of JATA on May 25th, Monday

Ms. Batoon visited JATA upon her appointment as a Tourism Attache at the Philippine Embassy in Japan. She introduced her ideas about a new tourism promotion strategy and short- and mid-term targets. “While 2015 is the Philippines Tourism Year, we are planning to set 2016 as a Philippines-Japan Tourism Exchange Year. The Japanese visitors to the Philippines at present are in the range of 500,000 but I believe that we can reach 600,000 in 2016 and 800,000 by 2020.” She added that bilateral student exchange and professional training tour programs will help expand human exchange and she would appreciate JATA’s assistance in promoting travel between the Philippines and Japan.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る