現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月3日(水)、駐日モルディブ特命全権大使アハメド・カリール 閣下がJATA中村理事長を訪問

2015年6月8日

6月3日(水)、駐日モルディブ特命全権大使アハメド・カリール閣下がJATA本部を訪問し、モルディブ政府が2016年をモルディブ観光年にする旨を告知しました。そのため、JATAとの共同観光プロモーションの可能性について尋ねられ、「2016年のモルディブ観光年に向けてモルディブ政府は世界の最大業界向けのイベントを支援します。JATA ツーリズムEXPOジャパンもスポンサーシップを考えています」と説明しました。

中村理事長らは、「今年からスポンサーシップの仕組みが新しくなるので、ご相談しながらオプションを決めていきたいと思います」と応じました。


  • 中村理事長(左)と池田事務局次長(右)

  • アハメド・カリール氏

His Excellency Mr. Ahmed KHALEEL, Ambassador of the Republic of Maldives in Japan, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on June 3rd, Wednesday

During his meeting with Mr. Nakamura, President of JATA, and representatives of the JATA Tourism EXPO Japan Promotion Office, H.E. Mr. Khaleel revealed the plan of the government of the Maldives to make 2016 “Visit Maldives year.” He inquired about possibilities to conduct travel promotion of the Maldives in cooperation with JATA and said that the Maldives’ government is planning to sponsor a number of international tourism events throughout the world, including some of the largest travel trade shows.

“We have introduced a new sponsorship frame for Tourism EXPO Japan 2015 which may further be altered in 2016. We can discuss opportunities and options and decide how we can cooperate in preparation for Tourism EXPO 2016,” replied the representatives of JATA Tourism EXPO Japan Promotion Office.


記念撮影

このページの先頭へ戻る