現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月15日(月)、中国・天津市旅游局の副局長馬慶余氏がJATA本部を訪問

2015年6月22日

6月15日(月)、中国・天津市旅游局の副局長馬慶余氏がJATA本部を訪問し、天津市の観光開発について「天津市政府観光局が近代の歴史や社会開発のシンボルになる観光地が含まれている新しい観光客用のルートを作っています」と説明し、日本の旅行業の関係者を9月18日より天津で行われる2015年中国旅遊産業博覧会に招聘されました。「今後、天津市と大阪や名古屋間の直行便が運行するので、天津と日本の主要都市の相互交流を拡大していきたい」と話されました。

中村理事長らは、「日本と中国の交流の拡大を期待しています。JATAとしては、中国旅游産業博覧会についての情報が発信できます。また、観光拡大のため、FAMツアーも重要だと思うので、今後、駐日中国国家観光局と協力して、計画や実施していけばよりよい結果が得られます」と応じました。


  • 馬慶余氏

  • 中村理事長(右)と越智事務局長

Mr. Ma Ling Yu, Deputy Director of Tianjin Municipal Tourism Bureau, visited JATA on June 15th, Monday

Mr. Ma talked about Tianjin’s development as a tourist destination, explaining that the tourism authorities of the City of Tianjin have created several new routes based on modern history and social development. “We would like to invite representatives of the Japanese travel industry to the 2015 China Tourism Industry Exposition which will be held from September 18th in Tianjin. With the new direct flights to be launched this summer from Osaka and Nagoya we will work to expand the bilateral exchange with major Japanese cities,” added Mr. Ma.

Mr. Nakamura and executive officers of JATA welcomed Mr. Ma’s news about the increase in flight services and said “We expect the exchange between Japan and China to grow again. Regarding the China Tourism Industry Exposition, we can send the news to our member companies through JATA’s web service. However, in order to ensure growth of tourist flows to Tianjin, we recommend that you work with the national Tourism Organization of China in Tokyo and have them help you plan and organize familiarization tours.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る