現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月19日(金)、ハワイ州知事デービッド・イゲ氏がJATA田川会長を訪問

2015年6月29日

6月19日(金)、ハワイ州知事デービッド・イゲ氏がJATA田川会長を訪問し、ハワイ政府とJATAの観光分野における促進について意見交換をされました。
「ハワイ政府として、日本からの観光客数を維持、そして更なる拡大のため、様々な事業を展開していきます。たとえば、持続可能なグリーンエネルギー発電のため、日本企業による発電所建設などを増やしていきたいと思います。また、現在は成田からプレクリアランスができますが、今後ほかの空港からもできるように、国土安全保障省に要求する予定です」

田川会長らは、「ハワイと日本の関係は強いですが、これからも観光客の関心を維持するために、新しいテーマツアーを提供する必要があります。旅行業界としては、グリーン・ハワイというテーマをはじめ、様々な体験ができるツアーを開発していきたいと思うので、是非とも知事やハワイ政府と力添えができれば幸いです」と協力を求めました。


  • デービッド・イゲ氏(右)

  • 田川会長

Mr. David Ige, Governor of the State of Hawaii, visited the Headquarters of JATA on June 19th, Friday

At the Headquarters of JATA, Mr. Ige, Governor of the State of Hawaii, met Mr. Tagawa, Chairman of JATA and other executive officers of the association. Mr. Ige shared ideas about the further development of travel and tourism and travel promotion of Hawaii in Japan. “The government of Hawaii is going to undertake several projects in order to maintain and even increase the number of Japanese visitors. For example, we are considering inviting Japanese companies to build renewable energy power plants and ensure that all energy in Hawaii is derived from sustainable sources.” Mr. Ige explained that at present preclearance is possible for visitors flying from Narita airport but he would try to convince the US Department of Homeland Security to make preclearance possible for passengers using other airports, too.

“While the Japan - Hawaii relations are indeed strong. However, in order to maintain the interest in Hawaii, it is necessary that the travel industry offer tours based on new themes. The travel industry will continue to develop tours based on themes like “Green Hawaii” and we would appreciate the support of the government in developing new ideas and products.” said Mr. Tagawa.


記念撮影

このページの先頭へ戻る