現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月19日(金)、アンドリヤナ・ツヴェトコビッチ、マケドニア大使がJATA中村理事長を訪問

2015年6月29日

6月19日(金)、駐日マケドニア旧ユーゴスラビア共和国大使アンドリヤナ・ツヴェトコビッチ閣下がJATA中村理事長を訪問し、「マケドニアは古代の遺跡をはじめ、マケドニア料理やお祭りなど、観光資源が豊富にあるので、日本で観光促進を行っていきたい。JATAの協力をいただければ幸いです」と話されました。

中村理事長らは、「マケドニアは日本ではまだよく知られていないので、まずは国名の認知度を高める必要があります。先日Team EUROPEの"ヨーロッパの美しい村30選でオフリドが選ばれたので、この機会も含めて、旅行業界向けのセミナーを実施し、ツーリズムEXPOジャパンにおいて一般の観光客を対象に、PR活動を行っていけば良いと思います」とアドバイスを寄せられました。


  • アンドリヤナ・ツヴェトコビッチ閣下

  • 中村理事長(右)と重田海外旅行推進部長

H.E. Ms. Andrijana Cvetkovikj, Macedonian Ambassador in Japan, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on June 19th, Friday

At the meeting with JATA President Mr. Nakamura, H.E. Ms. Cvetkovikj introduced Macedonia as a country with rich heritage and culinary tradition and said that she was planning to promote the country as a travel destination in the Japanese travel market. “I would be grateful if JATA assists us during our promotional activities,” said the ambassador.

In reply, Mr. Nakamura said that Macedonia was not yet known by the Japanese public and it was necessary to first raise the awareness of the country among potential Japanese travelers. “Ohrid was selected as one of the most beautiful towns in Europe by the members of the JATA-hosted Team EUROPE project. Using this opportunity you should organize seminars for the travel industry and also promote your country to the general public at Tourism EXPO Japan and other events,” advised Mr. Nakamura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る