現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月1日(水)、駐日本国大韓民国大使館の公使ホン・ドン・ホ氏がJATA本部を訪問

2015年7月6日

7月1日(水)、駐日本国大韓民国大使館の公使ホン・ドン・ホ氏がJATA本部にてJATA中村理事長らと面談し、韓国におけるMERSの現状及びWHOの調査結果を説明されると共に「韓国は安全であることを宣伝したいのでJATAの協力をお願いしたい」との要請がありました。公使によれば、「MERS確定患者数は6月7日を境に減少し、6月27日以降は新たな確定患者は発生していない。また、WHOが調査した結果、WHOは旅行又は貿易制限の適用は勧告しておらず、入国時の検疫は不要であると評価している」とのことでした。

これに対し、JATA側は、「新たに患者が発生しない状況が続けば、いずれWHOによる終息宣言があると見込まれるので、終息宣言が出される時に積極的に日本だけではなく、他のソースマーケットも対象に、観光促進活動を行うのがよいと思われます。また、WHOの調査結果は会員に発信し、引き続き協力していきたいと思います」と応じました。


  • 中村理事長

  • ホン・ドン・ホ氏

Mr. Dong-ho Hong, Minister, Embassy of the Republic of Korea, visited the Head Quarters of JATA on July 1st, Wednesday

During the visit to JATA, Mr. Dong-ho Hong, met with Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, and other executive officers. He talked about the present status of the MERS outbreak and explained the results of an inspection conducted by WHO. “Korea is safe and we would appreciate JATA’s assistance in informing the public about this,” said Mr. Dong-ho Hong. He added that there was a decrease in the number of MERS cases after June 7th and that no new cases have been observed after June 27th. After the inspection last month, WHO concluded that it was not necessary to recommend any travel or trade restrictions and there was no need of introducing any quarantine measures for visitors to Korea.”

“If there are no new cases of MERS in the coming days and weeks, WHO is expected to issue an official end of the alert. At that time, it is recommendable to conduct a promotional campaign targeting not only Japan but also other source markets. JATA will inform its member companies about the result of the WHO’s inspection and will continue to assist you in promoting travel to Korea,” replied the executive officers of JATA.

このページの先頭へ戻る