現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月8日(水)、インドネシア共和国観光省の太平洋地域促進ディレクターのビンセンスィウス・ジェマドゥ氏がJATA本部を訪問

2015年7月13日

7月8日(水)、インドネシア共和国観光省太平洋地域促進ディレクターのビンセンスィウス・ジェマドゥ氏がJATA本部を訪問。今後日本とインドネシア間の観光交流拡大について懇談を行い、「日本はもっとも重要な五大市場の一つとして位置付けられていて、インドネシア政府は6月にビザ免除をしました。来年度、日本に対して促進活動を強化する予定です」と説明しました。「ツーリズムEXPOジャパンでの出展を拡大、日本のメディアの露出などを強化していきます」

中村理事長らは、「6月に行われたビザ免除は、感謝しています。日本の旅行業界にとっても、インドネシアは5つの最も重要なデスティネーションの中の一つであり、今後の更なる観光開発、拡大に協力していきたい」と支持する考えを表明しました。


  • 中村理事長(左)と越智事務局長

  • ビンセンスィウス・ジェマドゥ氏

Mr. Vinsensius Jemadu, Director, Asia Pacific Promotion Ministry of Tourism, Republic of Indonesia, visited the Head Quarters of JATA on July 8th, Wednesday

During his visit, Mr. Vinsensius Jemadu, Director, Asia Pacific Promotion Ministry of Tourism, Republic of Indonesia explained, “Japan was considered one of the five most important travel markets by the Indonesian government and as a result tourist visas for Japanese visitors were waivered in June. Next year, we are planning to strengthen our PR activities in Japan. Our plans include a more visible presence at Tourism EXPO Japan and more frequent appearances in the Japanese media.”

Mr. Nakamura expressed gratitude for the visa waiver and said, “Indonesia is one of the five major destinations for the Japanese travel industry. We will assist you in your efforts to develop and expand further the travel exchange between the two countries.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る