現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月8日(水)、駐日パナマ共和国大使リッテル・ディアス閣下がJATA中村理事長を訪問

2015年7月13日

7月8日(水)、駐日パナマ共和国大使リッテル・ディアス閣下がJATA中村理事長らを訪問し、日本における観光や貿易促進戦略などについて懇談されました。「ツーリズムEXPOジャパン2015年での出展にあたり、パナマ観光セミナーを開催する予定です。日本からの観光客はまだ少ないですが、日本の企業との事業が増えたら日本人の観光客も増えるでしょう」と期待を表し、「日本とパナマ間で直行便の交渉を行っているので、今後その就航によって、アジアと南米との交流が拡大すると思われます。パナマの大自然と豊富な文化遺産を活かし、カルチャーツアーやエコツアーなど提供できると思います」

中村理事長は「パナマ観光セミナーでは、旅行会社が要求する情報を提供していただければ幸いです」とアドバイスしました。「直行便が運行することになれば、アジアのお客様は増えるでしょう。ただ、今のところ、パナマの認知度が低いので、メディアを通じて、観光資源や安心安全に関する情報を積極的にリリースしていけばいいと思います」と応じました。


  • リッテル・ディアス駐日パナマ共和国大使

  • 中村理事長

H.E. Mr. Ritter N. Diaz, Ambassador of the Republic of Panama, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on July 8th, Wednesday

At the meeting with Mr. Nakamura, H.E. Mr. Diaz talked about the economic and travel exchange between Panama and Japan. He revealed plans for a travel promotion seminar during Tourism EXPO Japan and said that despite the small number of Japanese visitors to Panama, with the expected increase of projects run jointly with Japanese companies the number of visitors would grow. “At present, we are negotiating the launch of direct flights between Tokyo and Panama City and it is believed that with the commencement of the flights the exchange between Asia and Latin America will grow, too. We can offer tours featuring the rich natural and cultural heritage of Panama,” added H.E. Mr. Diaz.

Mr. Nakamura recommended that detailed information for tour planners be delivered during the seminar in September and added, “If direct flights are launched, we can expect an increase in the number of Asian visitors to your country. However, Panama is still little known in this part of the world and to improve its recognition, you should publish a lot of information about the country’s attractions and public safety in the media.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る