現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月22日(水)、アシアナ航空 副社長・旅客本部長チョ・ギュヨン氏がJATA本部を表敬訪問

2015年7月27日

7月22日(水)、アシアナ航空 副社長・旅客本部長チョ・ギュヨン氏がJATA本部を表敬訪問し、MERS終息に向けて、アシアナ航空の取り組みを紹介し、JATAの協力を要請されました。「両国間の観光の発展のためにご尽力いただき、感謝しています。MERSが終息に向かっていることをアピールするため、日本の旅行業関係者、自治体、マスコミの方々向けのモニターツアーを実施します。両国の観光交流が平常どおりに早く戻るように、JATAのお力をいただきながら努力していきたいと思います」と話されました。

中村理事長らは、「モニターツアーに加えて、マスコミなどを絡めたキャンペーンを行っていけば効果がでると思います。たとえば、MERSの終息が発出されたら、旅行業界の関係者に加えて、一般紙や外交使節団に積極的にアピールすることがいいと思います」と応えました。


  • 中村理事長(右)と重田海外旅行推進部長

  • チョ・ギュヨン氏(左)

Mr. Cho Kyu Yung, Asiana Airlines Vice President & Director of Customer Service, visited the Head Quarters of JATA on July 22nd, Wednesday

At the meeting with chief executive officers of JATA, Mr. Cho Kyu Yung talked about activities which Asian Airlines is planning to undertake as the end of the MERS outbreak is officially announced. “I extend our gratitude for JATA’s cooperation in the development of travel and tourism between Japan and Korea. In order to show that Korea is indeed safe and will soon be declared free of MERS, we are organizing a monitor tour for Japanese travel industry, media and local authorities’ representatives. While cooperating with JATA we will do our best to have the tourism exchange between the two countries recover.”

“In addition to the monitor tour, you need to engage general newspapers, magazines and other mass media. For example, as soon as the end of the outbreak is officially declared, you should inform also diplomatic missions and general media about the news,” said JATA executive officers in reply.


懇談の様子

このページの先頭へ戻る