現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月30日(木)、タンザニア連合共和国大使バチルダ・S・ブリアン閣下がJATA中村理事長を表敬訪問

2015年8月3日

7月30日(木)、タンザニア連合共和国大使バチルダ・S・ブリアン閣下がJATA中村理事長を表敬訪問し、新任挨拶と共に、タンザニアへの日本人観光客を増加させるための活動について懇談されました。「タンザニアは世界遺産をはじめ、東アフリカの他の国より観光資源が多彩なので、フォトサファリツアーやキリマンジャロ山ツアー、カルチャーツアーなどといった様々な商品を提供できます。日本からのアクセスも豊富で便利です。今後、観光分野への投資を増やし、持続可能な環境で、質の高い商品を提供していきたいと思います。そのため、JATAの協力いただければ幸いです」と希望を寄せられました。

それに対して、中村理事長らは「タンザニアはポテンシャルのある観光地ですし、安心安全の面でも問題が少ないようですから、まず観光地としての需要促進を行うことが重要だと思います。JATAとしては、協力していきます」と応えました。


  • 中村理事長

  • バチルダ・S・ブリアン閣下

H.E. Dr. Batilda S. Burian, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the United Republic of Tanzania, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on July 30th, Thursday

H.E. Dr. Burian visited JATA for the first time after presenting her credentials and talked about activities which will help increase the number of Japanese visitors to Tanzania. “Tanzania is a host of several world heritage sites and, compared to other East African countries, to a great variety of tourism resources. We can offer multiple types of tours, including photo safari, climbing of Mount Kilimanjaro, cultural experience, etc. Numerous airlines provide flight connections at major airports, making the access from Japan convenient. With the increase of investments in the area of tourism, we would like to offer high-quality tours in a sustainable environment. We would appreciate JATA’s cooperation in our efforts in Japan,” said the ambassador.

“Tanzania has a potential to grow as a destination in the Japanese travel market. It also seems to be quite safe to visit. First of all, it is indeed necessary to promote it in order to increase demand and we will cooperate with you in travel and tourism promotion,” said the representatives of JATA in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る